医療脱毛はサロンよりも高い脱毛効果を得られる反面、痛みを感じやすいのがデメリットでした。しかし、最近では「蓄熱式脱毛」という方式を採用した脱毛機器を取り扱うクリニックが増えています。

有名なのが「ソプラノアイスプラチナム」と「メディオスターNEXTプロ」ですよね。ですが、この2つの違いをよく知らないという方も少なくないと思います。

今回は、医療脱毛クリニックで扱われている最新の脱毛器「ソプラノアイスプラチナム」と「メディオスターNEXTプロ」の痛みの感じ方や脱毛効果を中心にお伝えしていきます。

この脱毛機器に対応したクリニックもご紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

ソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTプロの違い

ではさっそくソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTプロの違いについてお話していきますね。

ざっくりとですが2つの特徴を表にまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

ソプラノアイスプラチナム メディオスターNEXTプロ
レーザーの種類 ダイオードレーザー ダイオードレーザー
波長 755nm
810nm
1064nm
810nm
940nm
ターゲット 毛包とバルジ領域 毛包とバルジ領域
熱量の計測 可能 不可

バルジ領域とは毛を成長させる細胞を生み出す組織です。このバルジ領域ならびに毛包へダメージを与えて破壊する事により毛の成長をストップする事が可能になります。

どちらも蓄熱式脱毛器ではありますが、ざっくり分けると2点の違いがあげられます。

  • 波長の違い
  • レーザーの熱量の計測
  • 施術にかかる時間

では、上記の違いについて1つずつ解説していきますね。

波長が違う

まず一つ目は「波長」のお話です。

ソプラノアイスプラチナムとメディオスターの波長を比べてみると…

ソプラノアイスプラチナム メディオスターNEXTプロ
・755nm

・810nm

・1064nm

・810nm

・940nm

ご覧のとおり、ソプラノアイスプラチナムは3種類、メディオスターNEXTプロは2種類の波長に対応していることが分かります。

難しい部分を端折って簡単に解説すると、この波長が長ければそれだけ深い部分まで光りが届きます。つまり、ソプラノアイスプラチナムの方がメディオスターより深い領域までレーザーが届くというわけですね。

ソプラノアイスプラチナムもメディオスターもターゲットとするのは「毛包とバルジ領域」であり、どちらも毛の成長をストップさせることが可能です。

しかし、毛は浅い部分から生えて来ることもあれば、逆にもっと深い部分から生えて来るケースもあります。そのため、その毛の深さに対応した波長で照射を行わなければ、脱毛効果は出にくいのです。

ソプラノアイスプラチナムは、メディオスターNEXTプロよりも浅い部位から深い部位までカバーすることが出来るので、よりしぶとく生えている毛に効果的と言えます。

熱量の計測が出来る

2つ目はレーザーの出力の調整についてです。

こちらも表に記載した通り、ソプラノアイスプラチナムはレーザーの熱量を計測する事が出来るため、利用者に合わせて出力を調節する事が可能です。

蓄熱式脱毛は従来のレーザー脱毛器よりも痛みを感じにくくなっているのが利点ですが、部位によっては痛みが生じますし、出力を高くすればそれだけ感じやすくなります。

そのためレーザーの出力を計測できる機能が付いた脱毛器も増えています。これなら患者さんに合わせて照射を行うことが可能になりますよね。

今回ご紹介している2つの脱毛器を確認してみると、ソプラノアイスプラチナムは熱量の計測が可能ですが、メディオスターNEXTプロは対応していないのです。

メディオスター自体の評判は高いですが、施術者によってレーザーの出力に差が生まれるため、本来なら痛くない部位でも痛みを感じてしまうといったケースは多く存在しています。

それに対してソプラノアイスプラチナムは、脱毛器本体に熱量が表示されるシステムなので出力の上げ過ぎを防ぐことが可能です。

脱毛を受ける方が機器を扱うわけではありませんが、前回の施術と同じ出力でレーザーを照射する事ができますので、毎回スタッフに「少し痛みを感じるのでもうちょっと下げてくれませんか」といった事を伝える必要もありません。

利用者1人ひとりに合わせた施術を行える…という部分を加味すると、この項目ではソプラノアイスプラチナムの方が優秀と言えるでしょう。

【ソプラノアイスプラチナムVSメディオスターNEXTプロ】選ぶならどっち?

今回のテーマであるソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTプロの比較ですが、施術を受ける方・施術を行うスタッフの事をしっかりと考慮して作られているのはソプラノアイスプラチナムだと感じます。

もちろん、メディオスターNEXTプロの性能が低いというわけではありません。最近では大手医療脱毛クリニックでも扱われるようになりましたし、実際に利用された方の口コミをみても評判は高いです。

しかし、出力を細かく調整できる=患者さんに合わせてなるべく痛みを軽減した施術を行う事が可能…この部分に直結してきます。さらには、3種類の波長に対応していることから毛が濃く生えているパーツにも高い脱毛効果が期待できます

これらを踏まえると、毛量がしっかりしている部位に対してはソプラノアイスプラチナムの利用をオススメします。出来るだけ痛くない脱毛を希望する方にも向いている機種ですね。

下の項目にある「どの部位の脱毛にオススメ?」でも詳しく解説していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ソプラノアイスプラチナムのメリット

では、今一度ソプラノアイスプラチナムのメリットについて確認していきましょう。

上記ではこちらの2点についてお話しましたね。

  • 3つの波長に対応しているので様々な深さから生えている毛をカバーする事が可能
  • 脱毛器本体でレーザーの熱量を計測(調節)することが可能

メディオスターNEXTプロもソプラノアイスプラチナムも「毛包とバルジ領域」に対してダメージを与える方式です。そのため、根本的な脱毛の仕組みに大な差がはありません。

ですが、お伝えした通りソプラノアイスプラチナムは3種類の波長に対応しているため、様々な深さから生えている毛をカバーして照射を行う事が出来ます。つまり、メディオスターでは逃してしまう毛に対しても脱毛する事が出来るというわけですね。

熱量を計測できる=脱毛効果や痛みの軽減にも繋がる

そして、ソプラノアイスプラチナム特有の熱量を計測できるシステムは、痛みの軽減や脱毛効果にも影響があります。

脱毛時の痛みの原因の1つは出力の上げ過ぎによるものです。ただ、痛みの感じ方は個人差もあるため、スタッフ側も患者さんが痛みを感じないように調節するのは困難でした。

脱毛クリニックは行くたびに施術を担当するスタッフが変わる事がほとんどですし、「○○さんに施術をお願いしたい」…と伝えても毎回同じスタッフが担当してくれるとは限りません。

その点、この脱毛器であれば一目でレーザーの熱量が分かるので、施術者による差がほとんどなくなるわけですね。

もちろん、施術者によって出力に差が生じると、痛みだけでなく脱毛効果にも影響が出てしまいます。

出力を上げないと脱毛効果を得られないようなパーツを施術する際、いつも出力を抑え気味のスタッフが担当すれば、当然効果はイマイチになりますよね。

このように、ソプラノアイスプラチナムのシステムは脱毛効果が出やすい条件も設定する事が出来るのです。

ムラなく照射できるのもメリット

脱毛器のヘッド(肌に当てる部分)にはレーザーの照射口と冷却装置が付いています。

多くの脱毛機器は、これらが別々に付いており、レーザーを照射⇒下にズラして冷却⇒レーザーを照射…といったように一定方向にしか照射を行えませんでした。メディオスターNEXTプロもこのタイプですね。

しかし、ソプラノアイスプラチナムは冷却装置がレーザー照射口と同じ位置に搭載しています。そのため、一定方向にズラしながら施術を行うのではなく、円を描くように施術することが出来るのです。

施術時間の短縮はもちろん、全体をまんべんなく照射する事ができるのでムラが少ないのもメリットです。

どの部位の脱毛におすすめ?

ソプラノアイスプラチナムには痛みが少ないといった特徴があります。

そのため、従来のレーザー脱毛では痛みを強く感じがちな部位を施術するのがオススメです。

  • 両ワキ
  • VIOライン

どの部位にも対応はしていますが、特にオススメできるのはこちらですね。

体毛の中でも両ワキ・VIOラインは毛量・毛質ともにしっかり生えている部位ですし、VIOに関しては皮膚も薄いので、これまでの脱毛器では麻酔を利用する方も少なくありませんでした。

その点、ソプラノアイスプラチナムであれば、従来の脱毛器のように太い毛に照射を行ってもパチッとするような痛みを感じることは無いので、痛みに弱い方でも安心して利用する事が出来るでしょう。

また、産毛にも脱毛効果を発揮しますので、細い毛が多い顔パーツへの利用も有効ですね。

痛みが少ないって本当?

先ほども触れましたが、ソプラノアイスプラチナムは痛みが少ないのが大きな魅力です。

クリニックで扱われている多くのレーザー脱毛器の種類はHR方式と呼ばれる「レーザーを毛に反応させ熱を伝えて毛根を破壊する」といった仕組みです。

この光が毛に反応した際に熱が生じるのですが、レーザー脱毛特有の弾かれたような痛みの原因はこれですね。

HR方式に対してソプラノアイスプラチナムの蓄熱式(SHR方式)は、皮膚から生えて伸びきっている毛ではなく、毛を生み出す「毛包」や毛を成長させるための細胞を生む「バルジ領域」を破壊します。

それらにダメージを与えるために必要なレーザーの出力はHR方式に比べるとかなり低くなっています

  • HR方式⇒約250℃
  • 蓄熱式(SHR方式)⇒約65℃

※レーザーの熱が毛根に達した際の温度

そのため、刺激や痛みではなく熱によってじんわりと暖かみを感じる程度です。

医療脱毛を利用する上でネックに感じていた痛みが大幅に軽減されていますので、この施術時の痛みを理由に途中で解約してしまった方や、初めて医療脱毛を利用する方はぜひ検討してみましょう。

ソプラノアイスプラチナム対応の医療脱毛クリニック一覧

続いては、ソプラノアイスプラチナムを扱っている医療脱毛クリニックをご紹介していきます。

現在この脱毛器を採用しているのは…

こちらの2つのクリニックです。

メディオスターNEXTプロよりも先にリリースされた脱毛器ではあるものの、最新式の脱毛方式と言う事もあり、まだ導入しているクリニックはそこまで多く無いのが現状です。

その中でも今回ピックアップしたのは医療脱毛クリニックの中でも脱毛に関する専門的な知識・技術を持つ施術者が在籍するクリニックです。

では、上記でお伝えしたソプラノアイスプラチナムに合った脱毛パーツの料金について紹介していきますね。

レジーナクリニック

まずはレジーナクリニックの料金からチェックしていきましょう。

5回コース料金
(税別)
両ワキ 12,960円
VIO 90,720円

レジーナクリニックでは脱毛施術が5回受けられるパックプランが基本となっています。

両ワキでしたら約13,000円と非常にリーズナブルで施術を受けることが可能ですので、まずは両脇から脱毛を受けてみて、満足できたらVIOも契約といった流れでも良いでしょう。

全身脱毛なら断然レジーナクリニックが安い

ちなみに、レジーナクリニックの最大の魅力は全身脱毛の料金の安さです。

5回コース料金
全身脱毛ライト
(VIO・顔は含まない)
204,120円
全身脱毛ゴールド
(VIOを含む)
294,840円
全身脱毛プラチナ
(VIO・顔を含む)
424,440円

このように、VIOと顔以外を脱毛できる全身脱毛ライトの場合は、約20万円で施術を受けることが出来ます。これは大手医療脱毛クリニックの中で1番コスパに優れている内容ですね。

聖心美容クリニックのコース紹介でも記載していますが、2つの料金を比較しても、やはりレジーナクリニックが圧倒的に安いです。

両ワキやVIOだけでなく全身までまとめてキレイにしたい方は、レジーナクリニックの全身脱毛を検討してみると良いでしょう。

★チェック⇒レジーナクリニック公式

聖心美容クリニック

続いては、聖心美容クリニックについて見ていきましょう。

実は、聖心美容クリニックはソプラノアイスプラチナムを日本で初めて取り扱った医療脱毛クリニックなんです。

料金的には、レジーナクリニックの方が安いパーツもありますが、レジーナクリニックでは対応していない「1回単発施術」も用意されているのもポイントです。

5回セットで契約した方がお得にはなるものの、初めて医療脱毛を受ける場合は不安に感じる部分も多いと思いますので、まずは1回受けてから本格的に契約する…といった選択をする事も可能ですね。

★チェック⇒聖心美容クリニック公式

顔脱毛

【顔脱毛】

単発料金
(税込)
5回コース料金
(税込)
産毛セット
(額+頬+鼻下+あご+あご下)
21,600円 86,400円
顔セット2部位
(両頬・鼻下・あご・あご下から2部位)
13,500円 54,000円
顔セット3部位
(両頬・鼻下・あご・あご下から3部位)
20,520円 82,080円
エチケットセット
(鼻毛+耳毛)
14,040円 56,160円

聖心美容クリニックでは上記のように、細かい部位に渡ってセットコースが用意されています。

こちらに記載されている「産毛セット」が顔パーツをまんべんなく脱毛できる内容ですね。こちらに加えてエチケットセットも選択することで「耳毛・鼻毛」といった部位まで照射可能です。

【顔の各パーツ料金】

単発料金
(税込)
5回コース料金
(税込)
両頬 7,560円 30,240円
鼻下
あご
あご下
耳毛 8,640円 34,560円
鼻毛
うなじ 10,800円 46,440円
27,000円 108,000円
うなじの生え際
眉周り 8,100円 32,400円

両ワキ脱毛

単発料金 5回コース料金
両ワキ 7,560円 30,240円

こちらは、両ワキ脱毛の料金となります。レジーナクリニックの場合は5回セットで12,960円ですので、両ワキだけでしたらレジーナクリニックを選択するのがベターですね。

VIO

【VIOセット】

単発料金
(税込)
5回コース料金
(税込)
Vライン内側 or Vライン外側+IOライン 21,600円 86,400円
Vライン内外+IOライン 25,920円 103,680円

続いてはVIO脱毛の料金です。VIOラインもセットにした方が断然お得に契約する事が出来るのですが、まとまったお金が準備するのが難しい場合は、1回ずつ施術を受けていくことも可能ですね。

【VIOのパーツごとの料金】

単発料金
(税込)
5回コース料金
(税込)
Vライン内側 7,560円 30,240円
Vライン外側
Vライン内側+外側 10,800円 43,200円
Iライン 10,260円 41,040円
Oライン

全身脱毛

単発料金 5回コース料金
全身脱毛
(VIO・顔は含まない)
85,320円 341,280円
全身脱毛
(顔は含まない)
103,680円 414,720円

聖心美容クリニックにも全身脱毛があるのですが、先ほどお話したように料金的には断然レジーナクリニックの方が安いですね。

ただ、全身脱毛も他のパーツと同じく単発で利用する事が出来るのは自由度が高いと言えるでしょう。

★チェック⇒聖心美容クリニック公式

まとめ

最後に、これまでお話してきた内容を振り返っていきましょう。

  • ソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTプロの違い⇒ソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTの大きな違いは「波長」と「熱量を計測可出来る」という部分。メディオスターも高性能な機種だが、ソプラノアイスプラチナムの方が施術者・利用者により親切な機種と言える。
  • ソプラノアイスプラチナムのメリット⇒ソプラノアイスプラチナムは3種類の波長に対応しているため様々な生え方をしている毛をカバー出来る上、施術者が変わっても適切な出力で照射する事が可能なので高い脱毛効果が期待できる。さらにはより痛みの少ない施術を行えるのも魅力。
  • ソプラノアイスプラチナムはどの部位の脱毛に最適?⇒体毛の中でも特に毛量・毛質がしぶとい「ワキ」・「VIO」の脱毛を行うのにオススメ。
  • ソプラノアイスプラチナムを採用しているクリニック⇒ソプラノアイスプラチナムの性能的に施術者による差は出にくいが、実績や評価が高い「レジーナクリニック」「聖心美容クリニック」を利用するのが良い。

今回は、ソプラノアイスプラチナムとメディオスターNEXTプロの比較を中心に、それぞれの特徴をお伝えしていきました。

お話してきた通り、ソプラノアイスプラチナムとメディオスターの脱毛方式に大きな違いはありませんが、毎回スタッフが変わっても同じ出力でレーザーを照射できる点や、波長の種類などを見ると、ソプラノアイスプラチナムの方が優秀と言えますね。

特に、VIOラインに関しては蓄熱式脱毛でも多少痛みを感じる場合もありますので、安心して施術を受けるためにも、ソプラノアイスプラチナムを利用するのがおすすめです。

より痛みの少ない医療脱毛はもちろん、高い効果が期待できる脱毛を受けたい方は、今回ご紹介したレジーナクリニックや聖心美容クリニックをチェックしてみてくださいね。

★チェック⇒レジーナクリニック公式

★チェック⇒聖心美容クリニック公式