この記事では、自分で顔脱毛をする際の注意点をまとめています。

ここ最近では脱毛サロン・医療脱毛クリニックも身近な存在になってきていますよね。以前に比べると料金も安くなりましたし、今では子供でも脱毛をしているケースも…

そして、「家庭用脱毛器」の普及もあり、自宅で自分で脱毛をすることが可能になりました。

ただ、家庭用脱毛器にはいくつかリスクがある事をご存知でしょうか?

使い方を間違えれば失明をする場合もありますので、眉毛の周辺を脱毛する際は特に注意が必要です。

これから顔脱毛を検討されている方は、ぜひ今回お伝えする内容を抑えておきましょう。

顔脱毛を自分でやって失敗するとヤバイ…

家庭用脱毛器があれば、顔パーツの脱毛も可能になりますが、失敗した時のことを考えると不安…と感じる方も多いのではないでしょうか。

冒頭でもお話したように、自分で顔脱毛を行う際にはいくつか注意点があります。まず1つ目は眉毛を失敗すると非常にマズい…ということ。

  • 眉上
  • フェイスライン
  • 鼻下
  • あご

顔パーツで脱毛出来る部位を大きく分けると、上記の5パーツになりますね。

この中でも眉毛は顔の印象に大きく関係しています。細めの眉毛にするとシャープで凛とした印象になりますし、ナチュラルな形にすれば柔らかい表情に変わりますよね。

そのため、万が一失敗して不自然な形になってしまうと、他人から見られた時にあまり良い印象にはなりません

また、失敗した状態から修正するのは非常に大変です。家庭用脱毛器では永久脱毛こそできないものの、生えてくるまでに時間はかかりますから、毎日メイクで形を整えるのはかなり面倒になってしまいます。

ヤケドする可能性も十分考えられる

火傷する可能性もある」といった点も家庭用脱毛器を使う上で注意しなければなりません。

ほとんどの脱毛器が、生えている毛のメラニン色素に光を反応させて脱毛を促すシステムとなっているのですが、厳密に言うと熱で毛根にダメージを与える仕組みです。

つまり、照射した周辺の肌や毛穴は、熱によって刺激が加わるわけですね。

そのため、脱毛器を使用する前後は肌を冷却する必要がありますし、部位ごとに照射する出力を調節することも重要です。

特に、眉毛周辺~目の周辺はデリケートですので、より慎重に操作を行わないとヤケドをしてしまうケースもあるのです。

家庭用脱毛器を購入して、眉毛を脱毛したいと考えている方も一定数いらっしゃると思いますが、こういったリスクがある事を意識しておきましょう。

家庭用脱毛器で失敗したら失明の危険性も…

家庭用脱毛器 失明

上記では、眉毛を失敗したら非常に厄介なことになる…とお話しましたが、続いてお伝えする内容はかなり怖い内容です。

家庭用脱毛器は「扱いやすい」・「安全」といったイメージがありますよね。

確かに、脱毛サロンで採用されている業務用の脱毛機器に比べれば、小型で扱いやすい機種にはなりますが、使い方を誤れば失明する可能性もあるんです。

ちょっと極端ですが、太陽光を例にすると分かりやすいかと思います。太陽を直視すれば当然ながら目がくらみますし、太陽光が雪面に反射すれば雪目なども起こります。

もちろん、太陽の光の強さと脱毛器の光の強さは同じではありませんが、誤って脱毛器の光を目に照射してしまうと、失明をはじめとして様々な障害を及ぼす可能性があるのです。

脱毛器から照射される光はかなり強烈なので、サングラスの着用をしながら操作をするのが基本です。

しかし、顔パーツを脱毛する場合は「サングラスが邪魔でやりにくい」・「面倒くさい」といった理由からサングラス無しで照射する方も少なくありません。

これは非常に危険な行為です。

眉周りを照射する場合は、形を整えながら行う必要があるため、鏡を見ながら脱毛する=目を開けた状態で照射をする場合がほとんどだと思いますが、眉パーツを脱毛する際は、角度的に目に照射をしてしまう可能性もあるのです。

家庭用脱毛器の中でも人気の高いケノンなども照射される光はかなり強めですね。

上記でお伝えしたように、「ヤケド」するケースも考えられますが一番怖いのは失明ですね。

サロンやクリニックで脱毛を受ける場合は、しっかりと教育を受けたスタッフが施術を担当してくれます。

ですが、家庭用脱毛器の場合は「眉の形」はもちろん、少なからず失明等のリスクが上がってしまうという事を理解し、自分自身で「リスクを取るのか・避けるのか」をを判断する必要があるのです

家電量販店をはじめとして、Amazonなどのオンラインショッピングで手軽に購入できる時代になりましたが、使い方によっては取り返しがつかないことになるケースもありますので、その点は十分注意しておきたいところですね。

もし家庭用脱毛器を使って怪我をした場合は保証はしてくれるの?

結論からお話すると、脱毛器を使い誤ってヤケドや失明といった怪我をした場合、メーカーは治療費などを保証してはくれません

脱毛器に不具合・欠陥があり、それが理由で事故が起こってしまった時は、話は別になりますが、基本的にそういった保証はありません。

少しイジワルな言い方になってしまうものの、トラブルが起こったとしても自己責任という事を覚えておきましょう。

また、各脱毛器には「メーカー○年保証」といった記載があると思いますが、これはあくまで製品に関する保証であり、「脱毛器が故障してしまった時は○年間無償で修理しますよ」といった意味合いになります。

このように、誤って事故を起こしてしまった場合、治療費等の保証はありませんので、上記でお伝えしたように、家庭用脱毛器を購入・使用する場合はご自身がそのリスクを判断する必要があるのです。

大切な部分なのでプロに任せたい

顔脱毛 失敗

家庭用脱毛器は一度購入すれば、何度でも脱毛を行う事ができるため、非常に経済的と言えるかもしれません。

しかし、顔パーツの脱毛を行う場合は、これまでお伝えした通り万が一のケースも考えられますので、多少高くはなりますが医療脱毛クリニックの利用を推薦します

※脱毛サロンでも顔脱毛をやっていることがありますが、おすすめしません。詳しい理由は後述しますが、脱毛サロンで脱毛施術をする人たちはみな素人だからです。

家庭用脱毛器 脱毛サロン 医療脱毛
費用 安め 高め 高め
リスク

上記の表をご覧になっていただくと、あらためて脱毛サロン・医療脱毛クリニックで顔脱毛を行うよりも、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛をした方が費用自体は安く感じると思います。

その上、自分のペースで脱毛することもできますし、何かと自由度が高い方法ですよね。

ただし、毛周期に沿った施術を行うことが出来なければ、望んでいるような脱毛効果を得ることは出来ませんので、最低でも脱毛に関する基礎的な知識は知っておく必要があります。

もちろん、知識だけでなく脱毛器を正確に扱えないと事故に繋がりますので、自分で脱毛をするのは想像以上に大変なんです…

そのため、第一印象を決める顔パーツのような特に大切な部位を脱毛するのであれば、プロにお任せするのが一番と今回お伝えしています。

ヤケドなどの怪我をすれば当然、治療費はかかりますし、治療するための時間もかかります。

確かに「安く脱毛したい」という気持ちは痛いほど分かります。ですが、脱毛にかかる費用ばかりを気にした結果、返って大変なことになってしまったなんてことは避けたいですよね。

毎回、神経を使いながら恐る恐る脱毛器を扱うのも面倒ですし、安全性・衛生面を考えると、医療脱毛クリニックを選択するのが断然おすすめです。

万が一の時にも迅速に対応してくれるので安心感が違う

自分で脱毛を行う際はすべて自己責任となってしまいますが、医療脱毛クリニックの場合は、万が一の時にもすぐに対応してくれるので安心感が全く違います

医療脱毛クリニックは院内に医師が駐在していますので、何か異常があった場合はすぐに対処をしてくれます。

脱毛サロンの場合は、サロン内に医師が居るわけではなく、提携している病院をすぐに紹介してくれる制度となっています。ただし「ドクターサポート」という制度を導入しているサロンに限定されますので、サロンを選択する場合はその点も確認しておきましょう。

医療脱毛クリニック 脱毛サロン
(ドクターサポート対応の場合)
院内に駐在している医師がその場で対処してくれる サロンが提携している病院を紹介してくれる
治療費はサロン・クリニック側が全額保証

医療脱毛クリニックの方が迅速に対処してくれますので、もしもの時の事を考慮すると、やはりサロンよりもクリニックの方が遥かに安心して脱毛を受けることが出来るかなと感じます。

医療脱毛クリニックは看護師による脱毛施術のため技術はもちろんのこと、肌トラブルや身体に異常が出てしまった時のサポートが手厚いので、家庭用脱毛器を購入するよりも明らかに安全制が高いと言えるでしょう。

脱毛サロンは素人が脱毛施術を行う

脱毛サロンでも顔脱毛をやっているところがあります。しかし、脱毛サロンでの顔脱毛を全身脱毛クイーンズ管理人はおすすめしていません。なぜなら、脱毛サロンで脱毛施術をおこなってくれる方は、みんな研修を受けただけの素人です。

看護師などの資格もなく、しっかりとした医療の知識もない人たちがちょっと研修を受けた程度で脱毛施術を実施できるのが脱毛サロンなのです。

そういった意味では非常に危険ですよね?

医療脱毛クリニックではしっかりと看護師もしくは医師でないと脱毛できないように法律で定められています。ですので、安全に脱毛するならば絶対に医療脱毛を選ぶべきなんです。

顔脱毛におすすめの脱毛機器

脱毛といえばやっぱり「痛み」を気にされる方は多いと思います。特に顔パーツのようなデリケートな部位に照射するとなると、不安になりますよね。

ですから、なるべくなら痛みの少ない脱毛機器を扱っているお店を選ぶのがベターです。

そして、こういった悩みをはじめとして、顔パーツに多い産毛に対して脱毛効果が期待できるのは「ソプラノアイスプラチナム」という脱毛器です。

やはり特徴的なのは痛みが少ないという点ですね。

従来の脱毛器は、毛根をターゲットにして生えている毛に対して光(レーザー)を照射す方式なのですが、光が毛に反応する際に痛みが生じるのです。

それに対して、ソプラノアイスプラチナムは、毛を生み出すバルジ領域という部分にダメージを与えるメカニズムとなっており、温かみを感じる程度で痛みはかなり軽減されています

従来のレーザー脱毛機器
(HR方式)
ソプラノアイスプラチナム
(SHR方式)
方式 毛根へダメージを与える 毛を生み出すバルジ領域にダメージを与える
痛み 輪ゴムで弾かれるような痛み じわじわと温かみを感じる程度

※痛みの感じ方には個人差があります。

ソプラノアイスプラチナムは、高出力の光を毛に照射するのではなく、徐々に熱を蓄積していく方式(蓄熱式)ですので、レーザー脱毛特有の痛みが抑えられているというわけですね。

そのため、痛みに不安がある方の強い味方になってくれるでしょう。

これから顔脱毛を考えているのであれば、このソプラノアイスプラチナムを取り扱っているクリニックを選択してみるのが良いですね。

ソプラノアイスプラチナム対応の医療脱毛クリニック

こちらの項目では、上記でお話した「ソプラノアイスプラチナム」を採用している医療脱毛クリニックをご紹介していきます。

国内でこの脱毛器を扱っているクリニックといえば、こちらの2社ですね。

  • レジーナクリニック
  • 聖心美容クリニック

非常に実績も高いクリニックなのでぜひチェックしておきましょう。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

続いては、レジーナクリニックをご紹介していきます。

レジーナクリニックは現状では店舗数が少なく、地域が限定されているのがちょっぴり残念な部分ではありますが、ソプラノアイスプラチナムに対応しており、評価も高い医療脱毛クリニックです。

顔脱毛の料金はこちらですね。

照射部位 料金(5回)
・額
・眉間
・頬
・鼻下
・あご
・あご下
120,000円

6パーツがセットで施術回数が5回用意されています。

各パーツごとに細かく脱毛する場合は、聖心美容クリニックの方が合っていると思いますが、主要な部位をまとめて脱毛したいのであれば、レジーナクリニックを検討するのが良いでしょう。

また、上記で地域が限定されているとお話しましたが、店舗の場所はこちらですね。

  • 北海道⇒札幌院
  • 東北⇒仙台院
  • 東京⇒表参道院・銀座5丁目院・渋谷院・新宿院・上野院・池袋院
  • 大阪⇒大阪梅田院・梅田東院・心斎橋院
  • 愛知⇒名古屋院
  • 福岡⇒福岡天神院

お伝えした通り店舗数は少ない物の、ソプラノアイスプラチナムを取り扱っている点や実績が高いクリニックですので、通いやすさに問題がなければレジクリを検討してみるのが良いでしょう。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックの多きな特徴は、かなり細かいパーツまで脱毛が出来るという点ですね。

他のクリニックではなかなか出来ない「耳毛」まで照射をすることが可能なんです。

鼻下や頬などは特に見られやすい部位なのですが、角度によっては耳の産毛も割と目立ってしまう事があるので、他のパーツと合わせて脱毛しておくのもオススメです。

では、施術回数ごとの料金をご紹介していきますね。

1回 5回 1回追加
7000円 28,000円 5,600円
鼻下
あご
あご下
鼻毛 8,000円 32,000円 6,400円
耳毛
うなじ 10,000円 43,000円 8,600円
うなじ生え際 25,000円 100,000円 20,000円
額生え際
眉周り 7,500円 30,000円 6,000円

※料金は税別表示となります。

※「額、頬、鼻下、あご、あご下、眉周り」はシェービングを利用する場合その都度3000円が必要となります。その他の部位のシェービング代金は無料です。

今回、眉周りを家庭用脱毛器で施術するのはリスクが高いとお伝えしましたが、プロに任せたとしても30,000円ほどで安全に脱毛することが出来ます

もちろん、家庭用脱毛器が購入できる金額では?と感じる方もいらっしゃるかと思います。しかし、万が一の事故や肌トラブル時の対処などを考慮すると、顔脱毛を行う場合は断然スタッフに施術を行って貰った方が良いでしょう。

脱毛サロンで選ぶならラココ

医療脱毛クリニックではなく、どうしても脱毛サロンで顔脱毛をしたい場合は、ラココを選ぶのが良いでしょう。

  • 医療脱毛はより効果が期待できるのは分かるけど料金が高い…
  • レーザー脱毛の痛みが怖い

あえて脱毛サロンを選ぶ理由として、これらに該当する方が多いのではないでしょうか。

ラココで扱われている脱毛器ルミクスの特徴

その点ラココであれば、クリニックに比べて顔脱毛の料金も比較的抑えられており、肌トラブルが起こりにくく産毛にもアプローチできる脱毛器「ルミクス」を採用しているため、初めて脱毛される方も利用しやすいのが利点です。

脱毛料金を紹介

ラココには全顔脱毛コースが用意されていないため、顔パーツのみを脱毛する場合、各部位をそれぞれ契約する必要があります

部位 料金
(1回)
3,000円
眉間 3,000円
眉上 3,000円
3,000円
こめかみ 3,000円
もみあげ 3,000円
3,000円
口上 3,000円
口下 3,000円
フェイスライン 3,000円
あご 3,000円

ご覧のように、各パーツの施術単価が3,000円なので、全パーツ契約すると1回あたり33,000円

上記でご紹介したレジーナクリニックよりも照射できる部位は多いですが、コース料金ではないため複数回通うとなると費用はかなり高くなりますよね。

もちろん、全パーツではなく「額・眉間・頬・口上(鼻下)・あご」のように、ある程度パーツ数を絞れば1回あたり15,000程度に抑えることは可能です。

◆口コミを見る⇒ラココの実体験口コミへ