この記事では、ミュゼを利用する上で「遅刻しそうな時」に取るべき行動や対処法についてまとめています。

ミュゼは施術を受けてから、おおよそ2週間~1ヶ月後に予約を入れるシステムとなっていますが、やっぱり間隔が空いてしまうと「当日の時間を忘れていた」・「土壇場になって気が付いた」…なんてケースもあると思います。

施術時間に間に合わないとどんなペナルティを受けるのか、逆に何分までなら許されるのか非常に気になるところですよね。

今回は、もし遅刻しそうになった時にやるべきこと電車の遅延等で遅れた場合には請求できるのか…といった細かい部分までお伝えしていきますので参考にしてみてください。

ミュゼに遅刻しそうな時にやるべきこと

「この日はミュゼの予約日だから絶対に忘れないようにしよう」と意識していても、どうしても忘れてしまう場合はあると思います。

では、もし遅刻しそうな時はどんな行動を取るのが最適なのでしょうか?

結論からお話すると、すぐにミュゼに連絡を入れるのが正解ですね。

お店側は利用者が到着してからすぐに施術を行える準備を整えています。ですから早めに連絡を入れないと迷惑がかかってしまうんです。

その際には、コールセンターを利用して予定時刻よりも遅れてしまう事を伝えましょう。

また、間に合わなそうだから別日に予約を入れ直したい・キャンセルをしたい…といった場合は、こちらの2つから選択することができます。

  • コールセンターでキャンセル手続き
  • ミュゼのマイページからキャンセル手続き

コールセンターが混雑していて繋がりにくい時は、ミュゼのマイページにログインして、そちらからキャンセル手続きを行うのがベターですね。

もしかしたら遅刻しちゃうかもこれは完全に間に合わない」…と感じたらすぐに連絡を入れるようにしましょう。

遅刻の連絡を入れた時に怒られそうで不安…

中には、「連絡をした時にスタッフから怒られそうで怖い」と思われる方もいらっしゃると思います。

確かに約束を破ってしまう事にはなるので、サロン側から叱られそうなイメージですが、あくまでも数あるサロンの中から選んでくれた大切なお客さんですから、文句を言ったりキツい言葉で怒ることはありません。

早めに連絡をしている場合や、やむをえない理由がある場合は尚更ですね。

もし仮に、そういった対応をすれば、当然お客さんは「また遅れたらどうしよう」・「怒られるのが嫌だな」といったように予約する度に緊張してしまいますよね。あまりにも対応がシビアだと、途中で利用者のモチベーションが下がって解約されてしまう可能性もあります。

下記の項目でも記載していますが、ミュゼは遅刻したとしてもペナルティは無く、他のサロンに比べてかなり良心的な設定になっていますので、この部分は安心してよいでしょう。

無断キャンセルは絶対に避けよう

上記でもお話したように、お客さんが到着してからすぐに施術を行えるよう準備をしています。ですから連絡を入れずに無断でキャンセルをする…といった事は絶対にやめましょう

お店にはもちろん、キャンセル待ちで当日予約をしようと思っている方にも大きな迷惑がかかってしまうので、面倒に感じても必ず連絡を行いましょう。

遅刻した場合はどういう扱いになる?

実際に遅刻をしてしまった場合、その日の施術は可能なのか・キャンセルになるのか…この部分は気になるところですよね。

こちらの項目では、遅刻した場合はどういった扱いになるのかを解説していきますね。

ミュゼでは、予約していた時間に間に合わなったとしても施術を受けることは可能です。しかし、予定時刻よりも10分遅れてしまった場合は予約自体がキャンセルされる仕組みとなっています。

10分以内と聞くと少しシビアに感じるかもしれませんが、よりスムーズに次のお客さんの施術を行うために考えられたシステムなのです。

中には連絡をせずにキャンセルする利用者もいますので、いつ来るか分からない状況でずっと待機しているよりも、規定を設けた方が多くの方が脱毛施術を受けやすくなりますよね。

ミュゼでは遅刻や当日キャンセルにペナルティは無い

ミュゼでは遅刻・当日キャンセルによるペナルティは設けられていません

「10分以上の遅刻でキャンセル」のみです。

他のサロンでは遅刻したり、当日キャンセルをすると「回数1回消化」…といったペナルティを設定している場合が多いので、お話した通りミュゼは非常に良心的と言えますね。

ただし、途中解約を行った際の返金額に影響があるので、この部分は注意しましょう。

例えば「8回コースを契約・1回施術を受けただけ」といった状況で解約すると「消化していない残り7回分の料金が返金」となります。

ですが、「8回コースを契約・1回施術を受けたけど2回当日キャンセルした」この場合ですと当日キャンセル2回分は返金されませんので、「残り5回分の料金が返金」という形になってしまいます。

つまり、当日キャンセルしても施術を受けられる回数は減りませんが、返金手続きの際には消化扱いになるのです。

このように、途中解約をしない限り、基本的には遅れてもキャンセル扱いになるだけですが、連絡は必ず入れるようにしてくださいね。

カウンセリング時に遅刻した場合はどうなる?

これから無料カウンセリングを受けるという方もいらっしゃると思いますが、このカウンセリング時も同様に遅刻しそうになった時はすぐに連絡を入れましょう。

これに関しては、10分以上の遅刻で自動的にキャンセル…といった仕組みではありません。ミュゼの施術についての説明や相談などを含めた1時間となっているため、脱毛施術ほどシビアではないようですが、状況によってはキャンセル扱いになってしまう可能性も考えられます

無料カウンセリングを利用する新規のお客さんも多いためですね。

公式サイトに明確な答えは記載されていませんでしたが、こちらも遅れる時・キャンセルする時どちらも連絡を忘れないように注意しましょう。

遅刻は何分までなら許される?

お話したように、ミュゼは10分以内の遅刻でしたら施術を行う事が出来ます。逆に、予約していた時刻を10分以上過ぎた場合は、自動的にキャンセル扱いとなります。

10分以内の遅刻 10分以上の遅刻
施術を受けることが出来る 予約自体が自動的にキャンセルされる

急いでお店に向かったとしても、10分を越えた段階でキャンセルされしまいますので、ミュゼに連絡を入れてみて時間的に間に合わなそうだなと思ったら、キャンセルをして予約を取り直した方が良い場合もあります。

カウンセリング予約の際は、その日のカウンセリング利用者の状況などによって前後するとは思いますが、コールセンターで遅刻することを伝えましょう。

電車の遅延で遅れた…JR等に請求は可能?

お店に向かう際に電車を利用する方も多いと思いますが、電車が遅延して予定時刻に遅れてしまった…なんてケースも考えられます。

電車が遅れた際には、遅延証明書が発行されるのはご存知かと思いますが、これが原因で当日キャンセル扱いになってしまい、途中解約をする時に返金されない…なんてことになった場合、鉄道会社はその分を負担してくれるのでしょうか。

せっかく時間に余裕を持って家を出たのに、電車の遅延が理由で自分の責任にされるのはちょっと嫌ですよね。

しかし残念ながら、JRをはじめとして、各鉄道会社に脱毛料金などを請求するのは難しいのが現状です。

利用者と鉄道会社との間で「時間通りに到着する」といった契約は結んでいない

私たちが切符を購入ならびにSUICA等で改札を通った時点で、旅客運送契約と呼ばれる契約が結ばれます。

簡単にお話すると「お客さんを○駅から□駅まで運びます」といった契約内容です。

このように、各地点まで送ること自体は契約されているわけですが、時間通りに送り届ける…といった項目はありませんので、そもそも遅延が理由で脱毛サロンの予約時間に間に合わなかったとしても、鉄道会社に請求をする事・料金を負担してもらう事はほぼ不可能なのです。

ですから、電車を利用してお店に向かう場合は、遅延する可能性があると割り切って余裕を持って行動する必要があります。

人身事故の場合は相手の遺族に請求可能?

上記で、鉄道会社には損害賠償を請求するのは難しいとお伝えしましたが、もしもその遅延の理由が人身事故だった場合、人身事故を起こしてしまった人の遺族に請求をすることは可能なのでしょうか?

人身事故が起こった際には、車両の損害をはじめ、乗客への振り替え輸送のコストなどが発生するため、その損害の一部を遺族の方に請求すると言われています。(詳しい請求額に関しては各鉄道会社は非公開としています。)

そして、脱毛サロンに関する費用を鉄道会社ではなく、遺族に対して直接請求する事は出来るのか…といった部分ですが、まず人身事故によって被害を受けたのは鉄道会社という扱いになります。つまり、乗客は対象外となるのが基本というわけですね。

その事故が原因で怪我をした場合には、治療費等を鉄道会社に請求できる可能性はあるものの、「時間通りに到着できなかった⇒遅刻によりキャンセル料がかかった」このような間接的な被害では請求をするのは難しいでしょう。

怪我を例にあげると、医師による診断など客観的な証明を行うことがある程度まで可能ですが、「事故がなければ絶対に脱毛サロンに間に合った」という事を証明するのは困難です。

つまり、人身事故を起こしてしまった人の遺族に請求を行うのは難しいと考えるべきでしょう。

まとめ

それでは、これまでお話してきたポイントをまとめていきましょう。

  • 万が一ミュゼに遅刻しそうな時はどうすれば?⇒遅刻しそうな時・間に合わないと思ったらすぐにミュゼのコールセンターに連絡する。連絡しなくても自動的にキャンセルにはなるけれど、お店側に迷惑がかかるので無断キャンセルは絶対に避ける。
  • 遅刻した場合はどんな扱いになる?⇒10分以内の遅刻であればそのまま施術を受けることが可能10分以上遅刻した場合はキャンセルとなる。そのため、ミュゼでは予定時刻を過ぎてしまっても10分以内ならセーフではあるが、なるべく余裕を持って到着しておくのがベター。
  • 電車の遅延が原因で遅刻した場合は?⇒鉄道会社と乗客との間で結ばれる契約の中には「時間内に送り届ける」といった記載はないため、そもそも遅延でサロンに間に合わなかったとしても料金を請求する事は出来ない
  • 人身事故の場合は遺族に請求できる?⇒仮に人身事故が起こった場合、基本的に被害者は「鉄道会社」であり乗客はその対象外。人身事故により直接的に怪我をしてしまった際には鉄道会社に治療費を請求できる可能性は高いが、「事故のせいで脱毛サロンに間に合わなかった」を理由に遺族に料金を請求することは難しい

今回は、ミュゼに遅刻しそうになった時にとるべき行動を中心にお伝えしていきました。

冒頭でもお話したように、普段からしっかり予定を確認していても、何らかの理由で遅刻しそうになるケースは十分考えられます。

電車の遅延なども良い例ですね。天災のように予期する事が出来ない物ですから、いざ「どうしよう…」と慌てないように、今回お伝えした内容を覚えておきましょう。

遅れそうになった時はとにかく早くミュゼに連絡を入れる。これを意識しておいてくださいね。