この記事では、顔脱毛を受ける上で、メイクをした状態で行うと脱毛効果は下がってしまうのか…といった疑問についてまとめています。

脱毛について「施術前にメイクをするのは良くない」という話を聞いたことはありませんか?

確かにメイクをしていると、なんとなく効果は落ちそうな気はしますが、実際のところどうなのでしょうか…

今回は、脱毛前のメイクをはじめとして、自己処理の方法など、顔脱毛前の注意点をまとめていきますので、これからフェイスラインの脱毛を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

顔脱毛前にメイクはNGって本当?

施術を行う際にメイクをしている状態だと、脱毛器を当てても中々効果は出ません。

もともと脱毛器は、メイクをしていないフラットな肌を想定して開発されていますので、照射される光が反応しにくくなってしまうのです。

メイクをした状態で施術を行うと、脱毛効果が下がるだけでなく、肌に付着した化粧品が熱によって変化するため、肌トラブルになる可能性も考えられます。

そういった部分を考慮して、顔脱毛はすっぴんで施術を受けることになります。

ここで「すっぴんの状態でお店に向かわなければいけないの?」という疑問が浮かびますよね。

お話したように、顔脱毛を行う際はノーメイクになりますが、サロンに向かう際にノーメイクで行く必要はありません

なぜなら、多くの脱毛サロン・クリニックにはパウダールームが設けられているからです。

次の項目で詳しく解説していきますね。

基本はメイクを落とすパウダールームがあります。

メイクをした状態で施術を受けることはできませんが、だからといってノーメイクの状態でサロン・クリニックに向かうのは気が引けますよね。

そこで、利用者がなるべく通いやすい環境にするため、メイクを落とすことが出来るパウダールームを設置しているサロン・クリニックが多いんです。

サロンに到着して自分でメイクを落とすこともできますし、お店によってはスタッフがクレンジングまで行ってくれるケースもあります。

もちろん、パウダールームを使っても利用料が発生するわけではないので安心してくださいね。あくまでもサービスの一環として提供しているお店がほとんどです。

メイク落としやクレンジング材は持参するべき?

パウダールームを設置しているサロン・クリニックのほとんどが、メイク落としやクレンジング材を用意していますので、基本的に自分で持っていく必要はありません

もしも、いつも使用しているメイクお年を使いたい…という方は持参しても良いでしょう。

ただ、サロン・クリニックによっては持参したメイク落としではなく、お店で使用されている物しか使えない場合もありますので、カウンセリング時にスタッフに直接聞いておくのがベターですね。

施術が終わった後にメイクをしても問題はない?

サロンに行く時はメイクをしても問題はありませんが、気になるのは脱毛が終わった後ですよね。

実際のところ、施術後はパウダールームでメイクをしてから帰宅することが可能です。

ほとんどのサロン・クリニックは、照射後に少し時間をかけて肌をクールダウンさせます。その後、肌に化粧水や保湿ローションを塗ってケアをしていくわけですね。

基本的には、肌が落ち着いたらメイクをすることが出来ると説明をしていますが、施術をしたばかりのお肌は、少なからずダメージを受けている状態ですので、全く影響が無いとは言い切れません。

場合によっては施術後に肌に「赤み」が出ることもありますので、その際はノーメイクの状態で帰宅するのが良いでしょう。

その都度、スタッフにメイクをして帰っても大丈夫かどうかを確認しておく事も大切ですが、いくら肌をクールダウンさせたからといっても、肌は刺激を受けて敏感になっていますので、無理にメイクをするのはやめたほうが良いですね。

肌が弱い方はもちろん、特に問題なさそうだなと思っても、施術後は普段よりも薄めのメイクがベターです。

もしも、すっぴんの状態でお店を出る…という時の事を考慮して、あらかじめ顔を隠すことができるマスクなどを準備しておくのもオススメです。

当日のメイクはいつもより軽めで

店内でメイクを落とすことは可能ですが、当日はなるべく薄めのメイクで向かうようにしましょう。

メイク落としに時間がかかってしまうと、スムーズに施術へ移れなくなってしまいますので、その部分だけは注意してくださいね。

夏場は日焼けが心配!だけど日焼け止めを塗った状態で脱毛はできないので注意

夏は日差しが強くなるため、肌が日焼けしないか心配になりますよね。

日焼けをして肌が黒くなっている状態で施術を受けてしまうと、脱毛効果が半減してしまうケースもあるので、移動する時間だけとはいえ気を付けるべきです。

そのため、家を出る前に日焼け止めを塗ろうかな…と考える方もいらっしゃると思いますが、実は脱毛をする上で日焼け止めを使うのはNGなんです。

日焼け止めを使うと…「毛穴に日焼け止めが詰まり毛が隠れてしまう⇒脱毛効果が落ちる」といった可能性があり、さらにはパウダールームで日焼け止めを落とそうとしても中々落ちません

ですから、マスクやサングラスを使って日焼けを防止するのも1つの手ですね。

どうしても日焼け止めを使いたい方は、クリームタイプではなく、比較的簡単に落としやすいリキッドタイプを使うようにしましょう。

顔脱毛前の自己処理はどうする?

「施術当日は自己処理をしている状態にしてきてくださいね」とほとんどのサロン・クリニックから伝えられると思います。

シェービング料金が無料なお店もあれば、有料なお店もありますが、自分で出来る範囲のパーツは自己処理を行っておくのが基本となっています。

ですが、顔の皮膚は非常にデリケートですので、フェイスラインの毛を処理する際のポイントって特に気になりますよね。

では、さっそくではありますが、パーツごとにシェービングの方法をチェックしていきましょう。

額(おでこ) 生え際から1cm~1.5cmほど間をあけて、上から下にシェービングする
眉毛の周り 全体を一気に処理するのではなく、少しずつ丁寧にシェービングする
毛の生えている方向に沿って優しく撫でるようにシェービングする
鼻下 指でなるべく平らな状態を作り、カーブに沿って上から下にシェービングする
アゴ 毛の生えている方向に沿って優しくシェービングする。

※シェーバーの種類によっては、逆剃りを推薦している物もありますので、取扱説明書に従って処理を行いましょう。

シェービングを行う際は、いきなりシェービング剤などを塗るのではなく、ぬるま湯を使って生えている毛に水分を浸透させましょう

毛が水分を吸うことで柔らかくなりますので、肌への負担を減らすことができます。

また、処理を行う順番としては、おでこ~頬など比較的やわらかい毛からがベターですね。口周辺の毛は他のパーツに比べると、若干硬い毛が生えていますので、十分に柔らかくなった状態から処理を行うのが望ましいです。

自己処理に関して具体的なアドバイスが欲しい場合は、各サロン・クリニックの無料カウンセリング等で質問する事ができますので、そちらを利用するのも良いでしょう。

自己処理はいつ頃行えばいいの?

自己処理を行わないと、シェービング代金が発生したり、最悪の場合は施術を断られてしまうケースもあります。

これは、毛が長すぎる状態だと、火傷などの肌トラブルが起こる可能性がある…というのが理由です。

ただ、ここで自己処理はいつ頃行うのがベストなのか疑問に感じますよね。

毛の生える早さには個人差はあるものの、予約日の前日~2日前ごろに自己処理を行うのが良いとされているんです。

具体的な長さは、約1mm~2mm程ですね。

当日に処理を行っても施術を行う事は可能ですが、毛の長さが短すぎると光が反応しづらく、脱毛効果が低下してしまうので、少なくとも前日までには処理を行っておきたいところです

また、季節によって毛が伸びるスピードも違うと言われていますね。四季の中でも特に毛が成長しやすいのは夏場です。

といっても、夏に施術を行う際も、前日もしくは2日前ほどに処理を行っておけば問題はありません。

自己処理はカミソリではなく電気シェーバーで

自己処理に使われる基本的なアイテムといえば…

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • 電気シェーバー

上記の3種類ですよね。では、この中で使ってはいけない物ってご存知ですか?

答えは「毛抜き」ですね。

頬などを処理する際に毛抜きを使った経験がある方は多いと思いますが、実は脱毛を行う事前準備で、毛抜きを使った処理は最もやってはいけないんです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックで採用されている脱毛器の多くが、光を毛のメラニン色素に反応させて脱毛を促す…といった機種です。

つまり、毛が生えていないと脱毛効果が現われないのです。

毛抜きは毛根から毛を引き抜いて処理する方法ですから、いくら高性能の脱毛器を使っても意味が無くなってしまいます。それだけでなく、埋没毛や毛のう炎を引き起こすリスクもあるので、絶対に毛抜きを使うのは避けてくださいね。

また、カミソリに関しても、肌への刺激が強く、肌トラブルが起こる可能性もありますので、なるべく使うのはやめた方が良いでしょう。

自己処理を行う際は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使うようにしましょう

処理が終わったら保湿を忘れずに!

自己処理が済んだらそれで終了…ではありません。化粧水や保湿クリームなどを使って肌の乾燥を防ぎましょう

電気シェーバーを使う場合は、カミソリに比べると肌へのダメージを抑えることはできますが、アフターケアをせずにそのままの状態にしておくと、肌荒れを起こす可能性があるのです。

あまりにも肌が乾燥していたり、肌荒れが起こっている場合は施術が出来ないケースもありますので、日頃からしっかりと意識しておきたい部分ですね。

もともと乾燥肌の方は、乳液に加えて保湿成分が含まれている化粧水を使うのが良いですね。

特に乾燥肌ではない方、逆に脂性肌っぽいなと感じている方は、さっぱりタイプの乳液と化粧水を使ってケアを行っていきましょう。

顔脱毛前の注意点をまとめました。

それでは、顔脱毛の施術を受ける前の注意点についてまとめていきますね。

  • 施術当日のメイクはいつもより薄めで⇒多くのサロンにはパウダールームが用意されているので、予約日にメイクをしていっても問題ないけれど、メイクが濃いとメイク落としに時間がかかるので、当日はいつもより薄目のメイクにするのが良い
  • 施術が終わった後のメイクは肌の状況を見て判断⇒施術が終了した後も、パウダールームを利用してメイクをした状態で帰宅することができる。ただし、照射後は肌が敏感になっているので、違和感を感じるようであればノーメイクの方が望ましい。気になる場合はスタッフに相談するのがベター。
  • 施術前の自己処理はアフターケアも忘れずに⇒自己処理は電気シェーバーを使って予約日の前日もしくは2日前ほどに行うのがベスト。また、自己処理を行った後は肌が乾燥する可能性があるので、化粧水や乳液をつかって肌ケアを忘れないようにする。

今回は、顔脱毛を行う際のギモンや注意点を中心にお伝えしていきました。

脇や脚などに比べると、フェイスラインに生えている毛は細くて柔らかい毛が多いですが、人と話している時は意外と目につきやすい部分です。

さらには、産毛が生えている状態よりも、ツルツルのお肌の方が化粧のノリも良くなりますし、何より自信がつきますよね。

脱毛が身近な存在になったということもあり、以前に比べると顔脱毛を検討している方が多くなっていますが、顔のパーツは非常にデリケートですから、肌をいたわった自己処理はもちろん、日頃からホームケアを欠かさないように心がけていきましょう