肌の色によって脱毛効果に影響があるって知っていましたか?

「色白の方が効果が出やすい」・「色黒の場合は効果が現われにくい」…といった話を耳にした事がある方も多いと思いますが、実はこの噂は事実なんです。

今回は、「肌の色によって脱毛効果に差が出る理由」をはじめとして、色白の場合は照射によって「炎症」や「色素沈着」などのトラブルを受けやすいのか…といった疑問についてまとめていきますね。

色白な人は脱毛効果が出やすい理由とは

冒頭で「肌が色白の人は脱毛効果が出やすい」とお話しましたが、さっそくこの理由についてお話していきますね。

まずはじめに、脱毛サロン・医療脱毛で扱われている脱毛機器の多くは「光を毛(メラニン色素)に反応させて脱毛する」といった仕組みです。逆に、毛が無い部位に照射しても光は反応しません。

そして、この脱毛器から照射される光は、肌の色や毛の太さによって反応しやすかったり、反応しづらかったりするのです。

一番効果を得られやすいと言われているのが「肌と毛の色のコントラストが大きい状態」です。もっと簡単にお話すると、肌の色と毛の色の差がハッキリしていた方が脱毛効果を得られやすいというわけですね。

例えば、日焼けをして極端に肌が黒い状態だと、毛は目立ちにくくなりますよね。これは、肌と毛の色との差が少ないからです。

ですが、この状態では脱毛器も肌と毛の色を識別するのが困難になるため、光を照射しても生えている毛に正確に反応させることが出来ない⇒脱毛効果が低くなってしまうのです。

逆に色白の肌の場合は、毛が非常に目立ちます。肌と毛の色のコントラストが大きいからですね。

この状態であれば、脱毛器は簡単に毛を識別する事が可能になるため、光がより反応しやすく脱毛効果も出やすくなるのです。

つまり、肌と毛の色の差が大きくなるほど光が反応しやすい⇒脱毛効果が出やすい…この理想の条件を満たしているのが色白の肌なのです。

色白だと毛がハッキリ見えてしまうので、自己処理はより神経を使うと思います。ですが、お話したように脱毛効果は出やすいため、日頃から悩まれている方は脱毛サロン・医療脱毛を検討してみることをオススメします。

逆に炎症や色素沈着しやすいってことは?

上記では、色白の方が脱毛効果が出やすいとお伝えしましたが、逆に肌を守るためのメラニンが少なく紫外線の影響を受けやすいと言われているのも事実です。

そのため「色白だと炎症や色素沈着が起きやすそう」といった不安を感じる方もいらっしゃると思います。

照射した部位が赤みを帯びる・腫れる」このような症状は脱毛を行う上で必ずと言っていいほど現れます。例え色白でなくても起こる症状ですし、長くても数日で元の状態に戻るので安心してください。

ただし、肌が色白の場合は赤みがその分目立ちやすいといった特徴はありますね。

そして、脱毛施術による色素沈着に関してですが、こちらも色白だからといって格段に上がりやすくなるというわけではありません。

肌に大きな刺激を与えるとメラニン色素が分泌されてシミになるのは事実ですし、脱毛したら色素沈着してしまった…なんて体験談も目にします。しかし、肌の色だけの問題ではなく、脱毛機器の性能やそれを扱うスタッフの技術も大きく関係するのです。

そのため、性能の高い脱毛機器を採用しており、より実績の高いサロン・クリニックを選ぶ事が大切ですね。

この部分に不安を抱えている場合は、ご自身が検討している脱毛サロンおよび医療脱毛クリニックでより専門的な意見を聞く事をおすすめします。そこで、万が一色素沈着が起こってしまった場合に具体的にどういった処置をしてくれるのかを質問するのが良いでしょう。

ちなみに、毛が白いのは脱毛効果は落ちます

白髪が生えて来ることってありますよね。これには「加齢」や「遺伝」、さらには「普段の生活」など様々な要因が考えられるのですが、毛が白い場合は脱毛効果が下がってしまう事も覚えておきましょう。

上記では、照射された光は黒い毛のメラニン色素に反応するとお話しましたね。しかし、白髪の場合は通常の毛に比べてメラニン色素が薄いため光が反応しにくくなるのです。

効果がゼロというわけではありませんが、どんなに施術回数を重ねても、そもそもメラニン色素が薄いため脱毛効果を高める事は難しいのが現状です。

このように、多くの脱毛サロン・クリニックで扱われている光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛では白髪を脱毛するのは効率が悪いので、それ以外の方法を使う必要があります。

次の項目では、白髪に有効な「ニードル脱毛・ハイパースキン脱毛」についてお話していますので、合わせてチェックしてみてください。

白髪にはニードル脱毛かハイパースキン脱毛

白髪に有効な脱毛方式はこちらの2つとなります。

  • ニードル脱毛
  • ハイパースキン脱毛

それぞれの特徴を簡単にご説明しますね。

ニードル脱毛 ハイパースキン脱毛
毛穴に専用の針(プローブ)を挿入する。

針に微弱の電流を流し、その際に発生する熱で毛根を破壊する。

毛根自体が破壊されるので、永久脱毛が可能。

従来のように肌に光を照射する。

現在生えている毛ではなく、毛を生み出す「バルジ領域」を狙うことが出来るので、毛周期を問わず照射することが可能。

ご覧のように、どちらの方式も毛の色素に左右されることなく脱毛を行うことが出来るのが特徴です。ニードル脱毛は直接毛根を破壊し、ハイパースキン脱毛は毛を生成する領域にダメージを与える方法ですね。

ニードル脱毛の場合は、永久脱毛を行うことができるのが魅力ですが、施術時の痛みが強いのがデメリットです。

それに対してハイパースキン脱毛は、照射した部位がじんわりと熱感を帯びる程度なので、ニードル脱毛よりも痛みは大幅に抑えられています。

「ニードル脱毛」と「ハイパースキン脱毛」どっちを選べばいい?

この2つの脱毛方式であれば白髪でも脱毛効果を得ることが出来るわけですが、実際に選ぶとなると迷う方も多いのではないでしょうか。

そういった方に向けて、より具体的な特徴を解説していきますので、ご自身に合った脱毛方式をチョイスしてみてください。

ニードル脱毛 ハイパースキン脱毛
痛み 強めに感じる あまり感じない
永久脱毛 ×
料金 約10万円ほど 約27000円ほど

※上記の料金は「両ワキ」を脱毛した場合の料金相場となります。

こんな人はニードル脱毛が向いているかも

ニードル脱毛の最大の魅力は永久脱毛が可能という点です。施術をした部位の毛根は破壊されているので、そこから毛が生えてくることはありません。

施術が完了すれば、これまで続けてきた自己処理を行う必要は無くなりますし、どんなシチュエーションでも自信を持つことが出来ますよね。

ただし、「痛みが強い・料金が高い」この2つの部分は欠点と言えます。

痛みに耐えるか、追加料金を支払い麻酔を使った施術を受ける必要が出てきますし、特に料金に関しては以下のような費用もかかりますので、初めて脱毛を受ける方にとっては少し敷居が高いかもしれません。

  • 初診料
  • 血液検査
  • ニードル代金

ですが、高い脱毛効果を得られるのは事実ですので、永久脱毛・よりツルツルの肌を目指す方であれば、こちらのニードル脱毛を選択するのが良いでしょう。

こんな人はハイパースキン脱毛が向いているかも

上記でお話したように、ハイパースキン脱毛は痛みが少ないのが魅力ですね。もちろん痛みの感じ方には個人差はありますが、照射する出力は光脱毛よりも低いため、暖かさを感じる程度なんです。

さらには、バルジ領域をターゲットにしているため、従来のように毛周期に沿って施術を行う必要が無いのもメリットです。毛周期に合わせる場合、1ヶ月~2ヶ月に1回の施術を行う事になりますが、ハイパースキン脱毛であれば最短で2週間に1回という短いスパンで照射可能ですので、よりスピーディに脱毛を完了させることも出来るのです。

また、こちらは永久脱毛では無いものの、毛を生み出すバルジに直接ダメージを与える方式ですので、施術を重ねることで限りなく毛を薄くすることが可能です。

肌に優しく痛みを抑えた脱毛を受けたい方、より早く脱毛を完了したい方はこのハイパースキン脱毛を選択するのが良いですね。

そして、今回はニードル脱毛・ハイパースキン脱毛に対応しているオススメのサロンをご紹介していますので、次の項目もチェックしてみてくださいね。

ニードル脱毛で選ぶならエステティックTBC

エステティックTBCには「TBCスーパー脱毛」というコースがあります。これがニードル脱毛ですね。

「脱毛が完了してから30年間以上毛が生えてこない」公式サイトにはこういった体験者の声が記載されていますが、ネームバリューはもちろん、ニードル脱毛の実績も非常に高いと言って良いでしょう。

では、さっそく料金について確認していきますね。

メンバー価格
(1本あたり)
ビジター価格
(1本あたり)
プレーンゾーン 108円 130円
デリケートゾーン 119円 143円

ご覧のように、エステティックTBCの脱毛料金は1本単位での計算となります。

全身を脱毛することも可能ですが、範囲が広いとそれだけ料金が高額になるので、特に気になる部位を重点的に脱毛するのがベターでしょう。

そして、部位ごとに料金が変わります。プレーンゾーンとデリケートゾーンの詳細はこちらですね。

プレーンゾーン デリケートゾーン
両ワキ
胸・乳輪
お腹・ヘソ周り
両ヒジ・両ヒジ上下
両ヒザ・両ヒザ上下
背中
ヒップ
VIOゾーン
顔パーツ
えりあし
両手両足の甲と指

また、エステティックTBCには「ビジター」・「メンバー」と呼ばれる制度が設けられています。上記の料金表にも記載されていますね。

  • ビジター⇒無料会員
  • メンバー⇒有料会員「入会金12,960円」・「入会手数料3,240円」

このように、ビジターは無料ですが、メンバーになる際には有料登録が必要になります。

入会金と入金手数料を合わせると16,000円以上の費用がかかってしまいますが、施術1本あたりの単価も安くなるので、広範囲を施術するのであれば、メンバー登録をした方がお得です。

ここでご紹介した以外にも、施術内容・金額などを細かく作成する事が可能なオーダーメイドプランなど、利用者に合わせたコースが用意されていますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

エステティックTBCの支払い方法

エステティックTBCのお支払い方法について簡単にお話していきます。

対応しているのは以下の5通りですね。

  • 都度払い
  • クレジットカード支払い(Visa、Master Card、JCB、American Express、Diners Club)
  • Jデビットカード支払い
  • TBCリボクレジット払い
  • 銀聯カード払い

まとまったお金が用意できない場合には、クレジット会社へ後から分割支払いを申請する事も可能ですし、リボ払いを選択する事も出来ます。ですが、何より都度払いを選べるのは嬉しいポイントですね。

ある程度お金が貯まったらその都度脱毛を受ける…といった方法を取れるので、無理をせずに徐々にツルツルの肌を目指せるんです。

一括は厳しいけれど分割も何となく不安…といった方にはオススメできる支払い方法です。ぜひ参考にしてみてください。

「エステティックTBC」公式サイトへ

ハイパースキン脱毛で選ぶなら脱毛ならディオーネ

ハイパースキン脱毛でしたら、ディオーネを選ぶのがオススメです。

そもそもハイパースキン脱毛は、数ある脱毛方式の中でもかなり新しい物なので、採用している脱毛サロン自体が少ないんです。ただ、他のサロンに比べるとディオーネは料金も安く、評判も高いので安心して通えるのが魅力です。

さっそくですが、ディオーネで用意されているコースの内容や料金についてチェックしていきましょう。

コース料金

まずは、各コースについて解説していきます。

【全身脱毛コース】

6回 12回
全身まるごと脱毛
(顔以外)
210,000円 360,000円
全身脱毛
(Lパーツ4部位+Sパーツ4部位)
99,000円 198,000円

こちらは全身脱毛コースになります。

上記の「全身丸ごと脱毛」がオーソドックスな全身脱毛ですね。顔以外の部位すべてが施術範囲となりますので、隅々までキレイにすることが可能です。

その下の全身脱毛はLパーツ(面積の大きなパーツ)とSパーツ(面積の小さなパーツ)から4部位ずつ選択して脱毛をしていく内容ですね。気になる部位を重点的に脱毛したい方に向いているでしょう。

このSパーツとLパーツの詳細は公式サイトをご確認ください。

 

【ハイジーナコース】

6回 12回
ハイジーナコース
(VIO全て処理)
72,000円 120,000円
semiハイジーナコース
(希望の形を残して処理)
57,000円 96,000円

こちらのハイジーナコースは、VIOラインを脱毛出来る内容です。

毛を全て処理してツルツルの状態にするのはもちろん、semiハイジーナコースであれば、ご自身が希望する形に合わせて処理を行って貰えます。

 

各パーツごとの料金

続いては、コース料金ではなく、各パーツ単体の料金をご紹介します。

【顔パーツ】

6回 12回
顔全体
(まぶたと唇以外)
42,000円 72,000円
15,000円 24,000円
鼻下
アゴ
襟足 18,000円 30,000円

(前面)

顔パーツに関しては、顔全体がセットになったコースも用意されていますので、まんべんなく脱毛したい方はそちらを選択するのが良いでしょう。

 

【上半身】

6回 12回
両ワキ 15,000円 24,000円
手の甲
乳輪&乳輪周り
バスト全体 36,000円 60,000円
ひじ下
(手の甲・指は含まない)
二の腕
背中上部
背中下部

 

【下半身】

6回 12回
21,000円 36,000円
ヒップ 36,000円 60,000円
腹部
へそ周り 15,000円 24,000円
Vライン上部
Vラインサイド 18,000円 30,000円
Oライン
Iライン 27,000円 42,000円

ディオーネの支払い方法

ディオーネでは現金一括支払いが基本です。

しかし、店舗によっては「現金分割支払い」・「カード支払い」に対応しているケースもありますので、お住いの近くの店舗あるいは通える範囲の店舗でカウンセリングを受けてみて質問するのがベターです。

「ディオーネ」公式サイトへ

まとめ

それでは、これまでお話してきた内容を振り返っていきましょう。

  • 色白の方が脱毛効果が出やすい理由⇒肌の色と毛の色の差が大きいほど脱毛器から照射される光が反応しやすくなるため、色白の方が脱毛効果が得られやすくなる。逆に肌が極端に黒いと脱毛効果は出にくくなってしまう。
  • 色白だと炎症や色素沈着が起こりやすい?⇒確かに色白は日光など紫外線の影響を受けやすいが、炎症などが起こりやすいというわけではない。ただし、一時的に起こる赤みや腫れ自体は通常よりも目立ちやすくなる。
  • 白髪は脱毛効果が落ちてしまう⇒白髪はメラニン色素が非常に薄く、脱毛器の光が反応しにくい。そのため、白髪に対してフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は効果が落ちてしまう。
  • 白髪を脱毛する方法⇒白髪を脱毛する場合は「ニードル脱毛」か「ハイパースキン脱毛」を選ぶのが良い。ニードル脱毛ならエステティックTBC、ハイパースキン脱毛ならディオーネが実績も高いのでオススメ。

今回は、「色白は脱毛効果が出やすい」といった噂を中心にお話しました。

上記でもお話しましたが、色白の肌は毛が目立つのがネックですよね。ですが、ツルツルの状態になれば男性女性問わず魅力的な肌に見られるのは間違いないので、ぜひこの機会に脱毛を検討するのが良いですね。

また、後半はニードル脱毛やハイパースキン脱毛について触れましたが、白髪ではなく通常の毛であれば、光脱毛・レーザー脱毛なども効果が出やすい…という点も覚えておいてくださいね。