毛穴の中に埋もれて生えてきてしまう埋没毛。別名「埋もれ毛」とも呼ばれるこの状態は女性なら誰しも経験があると思います。

肌に黒いぼつぼつが出てきてしまったり、炎症が起きて赤みを帯びるなど非常に厄介な症状なのですが、この埋没毛を解消する方法に悩んでいる方も多いハズです。

そこで、この記事では埋没毛の原因と解決方法について詳しくお話ししています。さらには今日から出来る日々の埋没毛対策もお伝えしているので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

埋没毛で黒くぼつぼつ・赤く炎症し腫れた…

ご存知の通り、埋没毛は「毛穴が黒くぼつぼつする」・「赤く炎症してしまう」こういった特徴があります。

さほど痛みは感じませんが、とにかく見られたくないからファンデーションで隠している…なんて方も少なくないハズ。冬場はまだしも、夏シーズンは薄着になる機会が多いので、周りからバレずに過ごすのに一苦労ですよね。

ワキや腕。そして、足パーツからデリケートゾーンは特にキレイな状態で保ちたい部位ですが、頑張って処理をするとなぜか埋没毛が出来てしまう。そんなジレンマを解決する上でまずは「どうして埋没毛が出来るのか?」この仕組みからチェックしておきましょう。

埋没毛の原因とは

埋没毛の主な原因は自己処理によるダメージ

埋没毛の大きな要因は肌が傷つくこと。画像の通り、傷が出来ると毛穴が塞がり毛穴の中で毛が成長してしまうのです。その結果、黒いぼつぼつ・炎症を起こす…といった状態に

実は、普段の何気ないあの行為から肌に負担をかけていることをご存知でしたか?

  • カミソリや毛抜き・ワックス等での自己処理
  • 毛の生えている方向を無視した逆剃り

では、キーポイントであるこの2点を確認しておきましょう。

カミソリ・毛抜きなど肌に大きな負担がかかる処理

自己処理で一般的な方法といえば「カミソリ・毛抜き」を使った処理ですよね。さらに効率的に除毛できるワックスを利用されている方も増えてきましたが、これらの行為は肌への負担が大きく埋没毛が起こりやすいのです。

肌が傷つく⇒毛穴が角質・かさぶた等で毛穴が塞がれる⇒毛穴の中で毛が成長する」これが自己処理から埋没毛ができてしまう仕組みですね。

もちろん、正しい使い方をすればその限りではありません。ただ、処理にかかる時間が長くなる上、カミソリの場合は丁寧に処理を行っても刃を使っているため、少なからず肌はダメージを負ってしまうのです。

逆剃りはとにかく肌へのダメージが大きい

よく剃れるから…といった理由から、逆剃りでカミソリやシェーバーを使う方もいらっしゃると思います。

確かに、通常よりもキレイに処理できているように感じますが、肌への負担もそれだけ大きくなるため、その後毛が成長すると埋没毛が起こるリスクも増えてしまうのです。

埋没毛の解決方法(抜くのはダメ!)

埋没毛の大きな原因は普段の自己処理にある」この部分は覚えて頂けたかと思います。しかし、すでに出来てしまっている埋没毛を解決するためにはどうすれば良いのでしょうか

続いては、埋没毛で悩んでいる方がスグにできる解決策をご紹介していきます。

ボディスクラブで角質を取り除く

毛穴を塞ぐ原因となる角質を取り除けば、埋もれている毛を正常に戻すことが可能です。ご自宅であれば「ボディスクラブ」を使うのが最も手軽ですね。

ただ、ここで注意しておきたいのが以下の2点です。

  • 使用頻度を守る(週に1~2回ほど)
  • 保湿はしっかりと行う

手軽に利用できるのがメリットではあるものの、使い方を間違えるとかえって肌を傷つける場合も考えられます。

より安全で肌への刺激が少ない方法を選びたい」という方は、クリニックでピーリングを受けても良いでしょう。

※ピーリングとは肌表面の角質を取り除き、その下の新しい皮膚を表面に出すことを指します。

目立たない部位は自然治癒でも◎

すでに埋没毛が出来ていたとしても「清潔に保つ」・「保湿を行う」この2点を欠かさなければ自然治癒を選択しても問題ありません

皮膚は数ヶ月周期でターンオーバーを繰り返しているため、埋没毛を放置していても新しい皮膚になれば埋もれていた毛は自然と抜け落ちるのです。逆にターンオーバーを早めるために「ボディスクラブ」や「ピーリング」が用いられます。

目立たない部位であれば自然治癒で徐々に正常な状態へ戻してあげるのも選択肢の一つですね。

毛抜きで無理やり抜くのは絶対にNG

埋没毛の処理でやってしまいがちなのが「毛抜きで無理やり引き抜く」といった方法ですね。なんとなく毛穴がスッキリする感覚はありますが、この処理は絶対にやってはいけません

毛抜きで肌を傷つければ再び埋没毛が起こるリスクも増えますし、細菌が侵入して毛のう炎に繋がる可能性も格段に上がります。

自己処理はもちろんのこと、埋没毛の対処にも毛抜きは使わないようにしてくださいね。

自己処理で失敗するとシミや炎症、黒ずみに…

自己処理を続ければ必ずと言っていいほど肌トラブルを経験するかと思います。といっても、埋没毛自体は自然治癒も可能なのでそこまで深刻に考える必要はありません。

もちろん埋没毛が出来た場合はケアも大切ではありますが、ここで一番重要なのは自己処理に失敗するとシミ・黒ずみに繋がってしまうというコト。

個人でも簡単にムダ毛を処理できる反面、長い目で見ると自己処理には色素沈着・シミ・黒ずみという大きなリスクも隣り合わせなのです。

色素沈着を治すのはより時間がかかる

ご存知かと思いますが、黒ずみやシミが発生しても医療機関で治療を受けることは可能です。色素沈着なら肌のターンオーバーでの自然治癒も。

ですが、色素が薄くなるまでに時間もかかる上、治療を受けるなら当然お金もかかりますよね。…だからと言ってムダ毛を放置するのは女性であれば誰しも強い抵抗があるでしょう。

この悩みを根本的に解消する方法は自己処理ではなく脱毛です。

クリニックであれば永久脱毛も可能なので、脱毛完了後は自己処理による肌トラブルを防ぐことはもちろん、ムダ毛の処理にかかっていた時間からも解放されます

専門家に相談が一番

上記でお伝えした通り、埋没毛をはじめとする肌トラブルを解決したい方は専門家に相談するのがベストです。

  • 普段の自己処理の方法
  • 埋没毛の対処方法
  • どうすれば埋没毛を日ごろから防ぐことができるのか

こういった悩みをネットで調べて実践するよりも、実際に専門的な知識をもった医師に相談するのが何よりも安全で確実です。先ほどお話しした通り、知っていても正しい方法で実践しないと逆効果になるリスクも考えられます。

その際に皮膚科等で相談するのではなく、毛に関する専門医が在籍する医療脱毛クリニックを利用しましょう。

相談ならびにカウンセリング自体であれば初回は無料で受ける事が可能なので、もし埋没毛でお悩みの方はぜひ検討してみてくださいね。

日々の埋没毛予防方法も

肌トラブルに関する悩みであればクリニックで相談するのが最も確実ではありますが、中には「興味はあるけど来院するのはハードルが高い」と感じる方も多いハズ。

そこでコチラでは、個人でも行える比較的簡単な予防方法についてお伝えしますね。

自己処理は肌にやさしい電気シェーバーを

自己処理を行う際に「カミソリ・毛抜き・脱毛ワックス」これらは肌に大きな負担がかかるため極力避けるようにしましょう。特に毛抜きとワックスは埋没毛を引き起こしやすいのでNGです。

その代わりに電気シェーバーを利用して処理するのがベストですね。

カミソリのように皮膚を傷つけることなく伸びている毛のみをカットできるため安全かつ肌に優しいのが特徴です。敏感肌でいつもカミソリ負けしてしまう…といった方にもオススメできます。

保湿クリームは特にこだわって選びたい

埋没毛に悩んでいる方・予防したい方に覚えておいて欲しいのが、シェービング後の保湿は肌トラブルを予防する上で非常に重要というコト。

保湿クリーム自体はドラッグストア等で手軽に購入できますが、自己処理後のケア用であれば「シルキークイーン」を選ぶのがオススメです。

3分で分かるシルキークイーンの特徴

シルキークイーンの特徴

ご覧のようにシルキークイーンには肌トラブルを解消するための3つの成分が配合されています。

  • ビワ葉エキス⇒炎症を抑える
  • オリーブ油⇒乾燥した肌に潤いを与える
  • 桜葉エキス⇒メラニン色素を抑える

ただ保湿をするだけでなく、黒ずみ・乾燥肌の解消にも期待できるため、シェービング後のケアにはピッタリのクリームと言えます。

料金に関してはこちらをご覧ください。

料金
毎月1本定額コース 5,480円
毎月2本定額コース 8,980円
通常1本購入 9,960円

定額コースは最低でも3ヶ月間は契約を続ける必要があるのですが、通常購入に比べると1本あたりの料金がリーズナブルなので「しばらくの間試してみたい」という方にピッタリですね。

逆に、通常購入の場合は料金が高くなってしまう&返金保証が無い…というデメリットはあるものの、使いたい時にその都度購入できるのが特徴です。

シルキークイーンはこんな人におすすめ

自己処理による肌トラブルの予防ができるので、今回のテーマである埋没毛を防ぐのにも有効と言えるでしょう。

ただ1点だけ覚えておくべきなのが「即効性は期待できないため最低でも2~3週間は使用を続ける必要がある」ということ。付け加えるのであれば効果を実感するまでの期間には個人差があります

逆に言えば、数日以内に毛穴の黒ずみを何とかしたい!と考えている方にシルキークイーンは不向きですね。

効果を実感するまでにある程度時間はかかりますが、埋没毛を初めとする肌トラブルの予防には最適な保湿クリームなので、ぜひこの機会に検討してみると良いでしょう。

チェック⇒「シルキークイーン」公式サイトへ

シルキークイーンを徹底解剖した記事はこちら