脱毛サロン・医療脱毛クリニックでは、期間ごとにキャンペーンが行われていますよね。

通常料金に比べると非常にお得に脱毛できるのが魅力ですが、「実際に脱毛を受けに行ったら勧誘されそうで不安」と感じる方も多いのではないでしょうか。

実は、この脱毛キャンペーンを受ける際に勧誘はあって当然なのです。

そして、そういった勧誘をされた時に「お金がないから今回は遠慮します」…といった断り方をするのはオススメしません。

今回は、それらの理由について詳しくお話していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛キャンペーンは勧誘があって当然

冒頭でお伝えしたように、各サロン・クリニックで行われている脱毛キャンペーンは勧誘があって当然なんです。

キャンペーンの内容はお店によって異なりますが、通常価格と比較すると非常にお得ですよね。

「脱毛は高い」というイメージを払拭するようなリーズナブル料金となっていますので、まだ脱毛を体験したことが無い場合でも「安いから試しに受けてみようかな」と感じる方は少なくないハズ。

多くの女性に脱毛の身近に感じてほしい…といった理由ももちろんありますが、ほとんどのサロン・クリニックは、脱毛キャンペーンを利用した方に満足して頂いてから、別のコースを契約してもらうのがベストと考えています。

つまり、無料キャンペーン・格安キャンペーンは、新規のお客さんを集めるために行われているのです。

ですから、キャンペーンを利用したお客さんにそのまま帰ってもらうのではなく、このサロン・クリニックでは○○のようなコースもあるんですよ…といった勧誘があるのは仕方がないことなのです。

なぜ勧誘をするのか

サロン・クリニックは新規のお客さんを獲得するために、キャンペーンを受ける際に勧誘をするとお伝えしましたが、これにはもう一つポイントがあります。

それは、新規のお客さんから契約を取ると報酬が貰える…といった制度を設けているお店もあるということ。いわゆるノルマ制ですね。

全てのサロン・クリニックがこういった制度を取り入れているわけではありませんが、基本的に固定給が安い店舗の場合は、ノルマを設けている場合が多く、働いているスタッフも契約を取らないと収入が少なくなってしまうわけですね。

以前に比べると脱毛サロンの数は非常に増えてきているため、現状ではお客さんの取り合いになっている印象が強いです。特に店舗数・資金が少ないサロンはどうしても勧誘がしつこくなるケースが多いですね。

「勧誘がしつこいお店」にありがちな内容

強引な勧誘をしたり、なかなか帰宅させてくれなかったりと、あまりにも悪質な行為をすると、サロン自体が業務停止になる可能性があるため、勧誘と言っても昔に比べればかなりナチュラルになりました。

「現在こういったコースもありますよ」・「お客さんはこのコースがオススメですよ」といった風に勧めてくる事が多いですね。

ただし、中にはお客さんを無理やり納得させようと誘導してくるお店が存在しているのも事実です。

例えば、一部分だけ脱毛できる格安キャンペーンを利用した場合などに…

  • 「ワキだけ脱毛すると後々後悔するので、絶対にこちらのパーツも合わせて脱毛した方が良いです」
  • 「その部位だけ脱毛する人はほとんど居ません。多くのお客さんが○○と□□も一緒に契約していますよ」

こういった説明をしてくる場合がありますが、実際のところ1パーツだけ脱毛する利用者も少なくありませんし、無理に他のパーツを契約する必要はありません

もしもご自身が利用したお店が上記のようなパターンだった場合は、上手く断りましょう。

お金がないので…という断り方がダメな理由

これまで「勧誘があるのは当たり前」とお話してきましたが、それを断っても問題はありません。最終的に案内されたコースを契約するかしないか判断するのは利用者の自由です。

ですが、中には「ハッキリと断れるか心配」という方も少なくないはずです。

そして、勧誘を断る際に…

  • お金がないから契約は難しい
  • まとまったお金が準備できてから考える

このような断り方をする方が非常に多いのですが、この2つを使うのは絶対に避けましょう

お金が無いから…と伝えた場合「初めて契約される方なら特別割引が使えます」・「分割支払いやローン支払いにも対応しているので、まとまったお金を用意できなくても契約できますよ」といった返答をされるケースがほとんどです。

お金が無いから契約が難しい分割支払いを提示することでその障壁が無くなる契約が出来る状態になるわけですよね。

ですから、初めからお金が無いと伝えてしまうと、どうしてもその状態から断りづらくなってしまうんです。

もちろん、断る事は可能ですが、お金が無いことを理由にしていたわけですから、また違う理由で断るのはなんとなく気まずいですよね。

また、初めは契約する気持ちが無かったとしても、「分割支払なら月々○○円で通う事が出来る」といった説明をされれば、心が揺らいでその場の勢いで契約⇒家に帰ってから後悔…なんて事も十分考えられますので、ハッキリと断れるようにしておきたいところです。

上記でもお伝えしたように、スタッフの言葉に流されやすい方や断れるか不安に感じている方は、実際にお店に行って思わず使ってしまった…といった事にならないよう特に注意しましょう。

次の項目では、「勧誘を断る際におすすめの断り文句」をいくつかご紹介していますので、合わせて確認してくださいね。

断り文句はこれがおすすめ!事前にチェック

キャンペーンを利用する上で「絶対に300円しか払わない!」と心に決めていても、実際にお店に行って勧誘された結果、いつの間にかうまく誘導されて契約してしまった…なんてケースも少なくありません。

流されやすい性格かも…と自覚している方であれば、特に注意した方がよいでしょう。

何を言われても動じない意思があれば、どうにか乗り切れるかもしれませんが、いざ勧誘されるとなると、やっぱり上手く行かないものです。

こちらの項目では、勧誘を受けた際にオススメの断り文句をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ではさっそくですが、断り文句としておすすめなのが、こちらの3つです。

  • 職業は「専業主婦」もしくは「無職」と伝える
  • 旦那・主人に無断で契約すると怒られてしまう
  • この後に予定が詰まっていて時間が無いことを伝える

それぞれ詳しくお話していきますね。

職業は「専業主婦」もしくは「無職」と伝える

初めの段階で、専業主婦もしくは無職であることをお店側に伝えておくことで、通常よりも勧誘は弱めになります。

お店としては、契約をしてもらってより大きな利益を得るためにキャンペーンを行っているわけですが、そもそも専業主婦の方や、無職の方に「分割支払いも利用できるので無理なく通う事が出来る」…と伝えたとしても、契約金を支払うのは難しいですよね。

つまり、どんなに頑張って勧誘をしてもあまり効果は得られないのです。

そのため、あらかじめカウンセリングシートなどの職業欄に「専業主婦」・「無職」と記入しておくことで、しつこい勧誘を避けることが出来るというわけですね。

旦那に無断で契約すると怒られてしまうから…

続いては、自分の意志だけで判断する事が出来ないと伝える方法です。

今日だけ限定のお得なコースがありますと勧められたり、分割支払なら通えますよと言われたとしても、自分だけで判断する事が出来ないと伝えるだけでスタッフも諦めてくれる可能性は一気に高まります

もしも、紹介されたコースがそこまで高くない料金だと、勧誘がしつこいサロンでは「この料金なら旦那さんも許してくれると思いますよ」といった返しをされることもあります。

その際には、「以前、無断で契約して大変なことになった経験があるので、自分だけで契約することは出来ません」とこの場では絶対に契約することが出来ない・自分には決定権が無いことをハッキリと伝えるのが大切です。

この後に予定が詰まっていて時間が無いことを伝える

どれだけ拒否をしても、「今日契約しないのは勿体ない」・「月の収入がこれくらいなら分割で問題なく通える」といったように次から次へと話を切り替えてくるお店も稀にあります。

なかなか開放してくれない場合には、「この後予定があるので○○時までにここを出なければいけない」と伝えるのが良いですね。。

そもそもお客さんを長時間に渡って勧誘しているお店自体、悪質なのですが、もしもこういったサロンを選んでしまった際には、契約する意思が無いことに加えて、お店に滞在できる時間が限られている事をハッキリと伝えましょう

受付する段階で、「今日は○○時までに終わらせたい」とスタッフにあらかじめ言っておくのも効果的です。

その場の勢いで契約してしまってもクーリングオフが使える

事前にしっかりと断り方を覚えておいたとしても、その場の流れやスタッフの勢いに負けて、契約しまうなんてことも珍しくありません。

あるいは、あまりにも勧誘がしつこいため、どうにかして帰りたいと思って契約した…なんてケースも…

やはり、いざ断ろうと思っても、その場に立ってみるとなかなかスタッフに伝わらない事もありますよね。

そして、家に帰って冷静になってみると「やっぱり契約しなければよかった」と後悔…しかし、こういった場合には、クーリングオフと呼ばれる制度が使えますので安心してください。

一度は耳にしたことがあると思いますが、クーリングオフとは…

  • 契約してから8日以内であれば、いかなる理由でも契約を解除することが可能
  • 契約時に支払った料金は全額返金される
  • 解約にあたって違約金は発生しない

このように「消費者が契約をした後に、改めて考え直す時間を与える制度」なんです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックのどちらでも、契約から8日以内であればクーリングオフは適用されます

つまり、その場の勢いで契約してしまっても、クーリングオフ制度を利用すれば、解約ならびに全額返金されるというわけです。

もちろん、契約から8日間までという条件がありますので、「やっぱり解約したい」と感じたらすぐにクーリングオフの手続きを始めることが大切です。

まとめ

では、これまでお伝えしてきた内容を振り返っていきましょう。

  • 脱毛キャンペーンに勧誘があるのは当然⇒そもそも脱毛キャンペーンは新規のお客さんを集めて本契約を促す目的で行われているため、キャンペーンを利用してくれた方に勧誘をするのは当然。
  • 「お金が無いので」という断り方はNG⇒「お金が無いから…」と伝えてしまうと、特別な割引き料金をはじめとして、分割支払いやローン支払いを勧めらてしまう。その結果的に断りづらい状況になるので、最初から使うのは避けた方が良い。
  • おすすめの断り文句⇒「専業主婦・無職」・「自分に決定権が無い」・「時間が無いので契約の話をすることが出来ない」といった断り文句を状況に合わせて利用することで、勧誘自体を回避できる可能性が非常に高くなる。
  • 勢いで契約してしまってもクーリングオフが使える⇒もしも、その場の勢いで契約してしまったとしても、クーリングオフ制度を利用すれば、解約はもちろん、全額返金してもらうことが可能。ただし、契約日から8日間以内に申請する必要があるので注意。

今回は、各サロン・クリニックで行われている脱毛キャンペーンを利用した際の「勧誘」について詳しくお話していきました。

現在では悪質な勧誘をするお店は減りましたが、残念ながら完全に無くなったわけではありません。

「この部位だけ脱毛をするお客さんは居ない」といった嘘をついて追加で契約させようとしたり、長時間にわたって拘束して半ば強制的に契約させようとするお店も稀にあります。

ですから、今回お話したように、事前に勧誘を断る方法を覚えてからキャンペーンを利用するのがおすすめです。

もちろん、各サロンの勧誘のしつこさやスタッフ対応などをチェックしておくことも大切ですので、利用してみようかな…と思っているサロン・クリニックの情報も合わせて確認しておくとよいでしょう。