この記事では、脱毛施術を受けことで皮膚がんになる可能性はあるのか…といった疑問についてまとめています。

脱毛施術に扱われている脱毛機器といえば「光脱毛器」や「レーザー脱毛器」などが主流ですが、どれも肌に光を照射しますよね。

この照射によって「皮膚がんになる可能性がある」といった噂を耳にしたことはありませんか?

脱毛器から照射される光には少なからず紫外線は含まれているので、炎症や色素沈着が起こるケースがあるのは事実です。

ただ、「皮膚がん」のような重病にまで発展するリスクはあるのでしょうか。

今回は、脱毛によって皮膚がんが起こる可能性について、現在発表されている論文を交えてご紹介していきますね。

脱毛で皮膚がんになる可能性はあるか

脱毛施術を受けた事で肌に赤みが生じたり、場合によっては炎症を起こすケースもありますが、そういった体験談を聞くと「もしかして皮膚がんになる可能性もあるのでは」といった疑問が浮かびますよね。

結論からお話すると、光脱毛・レーザー脱毛を受けたとしても、適切な施術であれば皮膚がんを発症する可能性は極めて低いです。

この記事内の「脱毛 皮膚がん」に関連する論文を調べてみたでも詳しく解説していますが、そもそもサロンやクリニックで扱われている脱毛器から照射される光は身体に大きな影響を与える物ではありません。

光には波長と呼ばれる物があるのですが、この波長の長さによって身体(細胞)に影響を与えるレベルが変わります。

ご存知の方も多いと思いますが、光の波長によっては皮膚がんのリスクが高まります。「紫外線を浴び過ぎると肌に悪影響がある」といったお話もこの波長が関係しているんです。

しかし、脱毛機器から照射される光は細胞にまで悪い影響を与える波長ではありませんので、脱毛施術を受けたからといって皮膚がんを起こす可能性は低いのです。

比較的濃いシミやほくろに光を照射すると癌化する可能性はある

上記では、脱毛器の光によって皮膚がんになるリスクは極めて低いとお話しましたが、「ほくろ」や「シミ」がある部位に照射してしまうと癌化する可能性があります

本来であれば、どの脱毛サロン・クリニックも「ほくろやシミがある部分には照射することが出来ません」と記載しています。しかし、稀にそれらの部位まで照射を行うお店が存在しているのです。

大手サロン・クリニックであれば、スタッフを教育する段階で専門的な知識を身に着けさせるのですが、店舗が小さめのお店・個人で経営しているエステサロン等の中には、知識および技術が乏しいスタッフを雇っている場合もあります。

その結果、ほくろやシミに照射をされてしまい、炎症を起こしてしまう…こういったケースもあるわけです。

「ほくろやシミに光を照射することで癌化する」この因果関係自体は現在のところ不明ではありますが、悪質なお店で脱毛をしてしまうと肌トラブルの原因にもつながりますので、事前に「ほくろを避けて照射を行えるか」といった質問をしておくのがベターですね。

「脱毛 皮膚がん」に関連する論文を調べてみた

冒頭でもお話したように、今回は脱毛と皮膚がんに関連する論文を調べてみました。

論文に記載されている光を用いた治療法についての内容を要約して出来るだけ分かりやすくお伝えしていきますね。

今回参考にさせて頂いたのは「光が皮膚に与える影響」(著者:今川 孝太郎,宮坂 宗男)という論文になります。

では、各項目に分けてお話していきます。

必要以上に紫外線にさらされるのは皮膚に有害

過度の紫外線暴露は,シミ・シワなどの光老化,皮膚癌の発生の原因であり,皮膚に有害である事もよく知られている.

紫外線は体に必要なビタミンDの合成に欠かせない要素ですが、必要以上に紫外線を浴びてしまうと、ご存知のように「シミ・シワ・皮膚がん」の原因にもなります

太陽光などの光を長時間受けると肌に悪影響がある…という事は何となく分かりますが、脱毛施術を受ける際にも肌に光が照射されますよね。

あの光を肌に浴びることで皮膚がんを発症する可能性はあるのでしょうか?

光が皮膚にもたらす影響は電磁波の波長によって変わる

紫外線は肌に大敵と言われていますよね。そのため、「脱毛機器から照射される光も実は肌に悪影響があるのでは」…と不安に感じる方も多いと思います。

確かに紫外線の浴び過ぎはお肌に悪影響をもたらしますが、論文に記載されている通り、光の波長によって身体にもたらされる影響は変わるのです。

光が皮膚に与える影響は電磁波の波長により大きく異なる.

波長が短いほど生命の障害性が強い.これは細胞DNAの吸収スペクトルが240nm~300nmの波長であり,DNAがこれらの波長の電磁波を吸収し変性すると細胞は障害を受けるからである.

こちらが紫外線の種類ですね。

波長
A紫外線 320~400nm
B紫外線 290~320nm
C紫外線 < 290nm

この波長が短くなるほど身体に悪影響が出る可能性が高まります

医療脱毛クリニックで扱われている脱毛機器は、出力が高いと言われていますが、照射される光の波長は「約700nm~1000nm」であるため、身体に影響が出るリスクは限りなく低いというわけですね。

  • ルビーレーザー⇒「約694nm」
  • アレキサンドライトレーザー⇒「約755nm」
  • ダイオードレーザー⇒「約810nm」
  • ヤグレーザー⇒「約1064nm」

光脱毛器ならびにレーザー脱毛器から照射される光は、浴び過ぎると皮膚に障害が出る可能性が高まる「紫外線」ではなく「赤外線」に近い存在なのです。

ちなみに、光脱毛に関しても論文内で記載されておりますが、こちらも上記のレーザー脱毛器と同じく波長が長く皮膚への影響は少ないと考えられています。

レーザー以外の高専による光熱作用を利用した機器として Intense Pulsed Light(IPL)がある.515~1200nmのブロードバンド波長のパルス光を照射するフラッシュランプで,その波長域からメラニン,ヘモグロビン,水などに吸収される.

したがって,しみ,毛細血管拡張,脱毛に効果があるが,パワーが低いのでレーザーほどの効果はない.

吸収物質で生じる熱により軽度の蛋白変性が生じ,その再構築作用による真皮層のコラーゲン新生を促すといった,若返り目的にも使用されている.

IPL脱毛を採用しているサロンには「美肌効果も期待できる」と記載している事がありますが、その理由がこれですね。

光の波長と性質を理解した上で脱毛機器を選択すればリスクを大幅に回避することが出来る

最近では、脱毛サロンが非常に多く普及しましたが、お店側とお客さんとのトラブルが増えているのも事実です。

契約金の返金をはじめとして、施術後のトラブルなども年々増加しています。

これらの問題の発端を確認すると、施術トラブルに関しては、脱毛器を扱うスタッフの技術不足・脱毛機器自体の性能が低い…といったケースが多いのです。

光は波長の違いにより吸収される物質,深達度,科学反応や熱エネルギーへの変換作用が決まっている.

したがって光線を用いた治療は,正しい診断と標的とする物質を明確にすることで,使用すべき機器の種類,照射強度を選択する事ができる.

また,皮膚の正常構造の理解のみならず,患者の皮膚の色調,質感には個人差があるので,その点も十分に考慮して治療を行う必要がある.

施術による肌トラブルを避けるためにも、性能が向上した最新の脱毛器を採用しているサロン・クリニックを重視することはもちろんですが、脱毛に対するより専門的な知識・これまでの実績も考慮してお店を選択する必要があるのです。

参考文献:光が皮膚に与える影響

著者:今川 孝太郎 , 宮坂 宗男 (東海大学医学部 外科学系 形成外科)

引用元リンク:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslsm/32/4/32_444/_pdf/-char/ja

脱毛することでの身体への悪影響はあるか

脱毛を行う上で、なるべく肌に優しい方法で施術を受けたい方がほとんどだと思いますが、どんな方式であっても、少なからず肌トラブル(副作用)が起こる可能性はあるんです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックで採用されている脱毛方式を大きく分けるとこちらの3つですね。

  • 光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

こちらの項目では、これらの脱毛方式で起こりえる身体への影響について詳しくお話していきますね。

光脱毛(フラッシュ脱毛)で起こる身体への影響とは

光脱毛で起こる肌トラブルは以下の3点が考えられます

  • ヤケド
  • 硬毛化
  • 肌に赤みが出る

ヤケド

光脱毛はレーザー脱毛に比べると、照射の出力が抑えられています。そのため、痛みや毛根へ与えるダメージも少ないのですが、口コミ等を確認してみると「ヤケドをした」という声をたまに目にしませんか?

これはサロンで使用されている脱毛機器が利用者の肌に合っていなかったり、脱毛器を扱うスタッフの技術が低いと起こってしまうのです。実は、脱毛サロンはクリニックのように看護師の資格が無くても施術出来るんです。

また、肌が乾燥している方も要注意です。あまりにも乾燥した状態で照射を行ってしまうと、それが原因で火傷に繋がることもあるのです。

ですから、施術当日に肌の状態が怪しいな…と感じたらスタッフに相談するのがベターですね。

硬毛化

また、硬毛化が起こるリスクもあります。

硬毛化とは、施術前よりも毛が強固になってしまう状態を指します。

使用される脱毛器や、施術するスタッフによっては、施術時に照射した光がうまく当たらず、中途半端に熱が伝わってしまうことがあります。そういった際に、毛根へダメージを与えるのではなく、逆に毛を活性化させてしまう…これが硬毛化の要因と言われています。

肌に赤みが出る

光脱毛およびレーザー脱毛では、施術の際にヤケドを引き起こすリスクもあるとお話しましたが、ヤケドではなく肌に赤みが生じる…なんてこともあるんです。

もちろん、サロン側もこういった症状を避けるために冷却ジェルを使用してケアを行う事がほとんどです。ただ、これに関しては、利用者側に問題があるケースも多いのです。

施術当日に以下の行為を行うと、こういった肌トラブルを発症する可能性があります。

  • 激しい運動
  • 入浴(お風呂をはじめとして温泉や岩盤浴、サウナなど)
  • 自己処理
  • 予防接種
  • 飲酒

肌の赤みが出た際にはすぐにサロンに伝える事が大切ですし、そうならないためにも日ごろのホームケアも重要です。

レーザー脱毛で起こる身体への影響とは

続いては、レーザー脱毛における身体への影響ですね。

  • ヤケド・毛のう炎
  • 炎症・赤み

こういったトラブルが起こるケースがあります。

ヤケド・毛のう炎

光脱毛と同じく、レーザー脱毛もヤケドする可能性が考えられます。

そしてもう一点が「毛のう炎」ですね。この毛のう炎とは、少し赤みを持つおできのことを指します。見た目は少しニキビに似ています。

脱毛施術でレーザーを照射すると、お肌を守るためのバリア機能が弱くなります。そのタイミングで毛穴に雑菌などが侵入してしまうことでこの毛のう炎が出来るのです。

チクチクとした痛み・痒みなどを伴うのですが、長くても2週間ほどで治ります。

炎症や赤み

レーザー脱毛を受けると肌に赤み・ポツポツが出来ることがほとんどです。

初めて施術を受けた方は不安になるかもしれませんが、この反応はいたって正常な反応ですので安心してください。

個人差はあるものの、チクチク・ヒリヒリとした痛みを感じるケースもありますので、その際には薬を処方してもらいましょう。

ニードル脱毛で起こる身体への影響とは

ニードル脱毛は、上記の方式と異なり光を照射することはありません。毛穴にプローブと呼ばれる針を挿入し、そこに電気を流します。その際に発生する熱によって毛根を破壊する方式ですね。

ただ、このニードル脱毛を受けた際に「腫れ・赤み」や「内出血」が起こるケースもあるのです。

何より、光脱毛・レーザー脱毛よりも痛みを感じやすいのも特徴です。その分、脱毛効果は非常に高いのですが、これこそスタッフの技術によって左右されやすい方式といって良いでしょう。

ニードル脱毛を行う際には、お店選びはより慎重に行う必要があります。

なるべく肌トラブルを避けるためにも脱毛サロン・クリニック選びは慎重に

上記では、脱毛を受ける上で少なからず「炎症」や「毛のう炎」といったトラブルが起こる可能性はある…とお話しましたが、正しい施術を受けていれば肌トラブルは最小限で済ませることが出来ます。もちろん、ご自身の日頃のホームケアも大切です。

しかし、照射をしてはいけない部位(まぶたやほくろ・シミ等)に光を当てられてしまうと、炎症をおこしたり後遺症が残るケースも十分考えられますよね。

そのため、施術者(スタッフ)の技術が高いサロン・クリニックを選ぶ事がとても大切なのです。

確かにお店選びを行う上で「料金」だったり「脱毛効果」ばかりを重視しがちになってしまいますが、これから脱毛を考えている方は、今回お伝えした内容を踏まえてスタッフの技術やお店の実績もしっかり確認しておくようにしましょう。

まとめ

それでは、これまでお話してきた内容を振り返っていきましょう。

  • 脱毛で皮膚がんになる可能性はある?⇒脱毛器から照射される光の波長は紫外線に比べて長いため、細胞自体に悪影響を及ぼす可能性は極めて低い。脱毛施術が原因で皮膚がんを発症する可能性は低いと言って良い。ただし、「ほくろやシミ」に照射をすると癌化するケースも考えられる。
  • 「脱毛 皮膚がん」に関連する論文について⇒光が皮膚に与える影響は波長によって異なると記載されており、上述したように「光脱毛・レーザー脱毛」などで照射される光は波長が長く、皮膚に障害をもたらすレベルではない。しかし、施術を行う側は、光が肌にもたらす影響をはじめとして、患者の皮膚の状態などを深く理解して脱毛機器ならびに施術の内容を選択する必要がある。
  • 脱毛によって身体に悪影響はある?⇒「光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛」といった方式が各サロン、クリニックで採用されているが、それぞれヤケドや炎症をはじめとしたリスクもある。これらはスタッフの技術によっても大きく影響されるので、お店選びはより慎重に行う必要がある。

今回は、脱毛を行うことで皮膚がんを発症する可能性はあるのか…といった内容をまとめていきました。

お伝えしてきたように、「ヤケド」や「肌の腫れ」、「毛のう炎」といった症状が出るケースはありますが、脱毛施術で皮膚がんになる可能性は低いと言われています。

ただし、こういったリスクを回避するためにも脱毛サロン・医療脱毛クリニックを選ぶ際には、より高い技術を持つスタッフが在籍しているお店を選択することが重要です。ですから、なるべく実績や副作用に関する注意書きがしっかりと記載されている店舗を選ぶのがベターですね。

心から安心して脱毛を受けるためにも、少し時間をかけてご自身に合ったサロン・クリニックを見つけてみてください。