この記事では、ムダ毛を自己処理する上での危険度をランキング形式でまとめています。

以前と比べると最近では、脱毛器や除毛クリームなどが普及したため、自宅でも気軽に除毛できるようになりましたよね。

ただし、肌に悪影響を及ぼすケースもあることを意識しておかなければなりません。

家庭用脱毛器に関しては、場合によって失明する可能性もありますので、本当に気をつけたいところです。

今回の記事では、自己処理の危険性をはじめとして、肌トラブルに関する対処法などもお伝えしていきますね。

ムダ毛の自己処理はどれも危険!5つの方法を比較

あなたが行っている自己処理…実は肌に悪い影響を与えているかもしれません。

多くの方が取り入れているムダ毛処理の方法には、危険性があることをご存知でしょうか?

まずはこちらをご覧ください。

  • カミソリ
  • 毛抜き
  • ブラジリアンワックス
  • 除毛クリーム
  • 家庭用脱毛器

自己処理といえば、カミソリや毛抜きが一般的ですよね。

お風呂で簡単に処理することが出来ますし、何より大きな費用をかけずに処理する事が出来るのがメリットです。

ですが、その2つにもリスクがあるんです。

上記の5つの自己処理方法のメリットと肌に与えるリスクについて詳しくお話していきますね。

カミソリ

メリット デメリット
・扱いやすい
・低価格
・カミソリ負け
・乾燥
・埋没毛

自己処理として一般的なのがカミソリですね。

ワキや足部分など広い箇所にも対応している上、何より「低価格」なのがメリットですよね。

ただし、多くの方が使っているカミソリにも、危険性は潜んでいます。

カミソリ負けして肌がボロボロになってしまう場合もありますし、埋没毛になる事も考えられます

カミソリ負けすると肌が赤くなってかなり目立つので、とても恥ずかしいんですよね…

扱いやすい反面、肌への負担が大きいことも念頭に入れて使う必要があるんです。

毛抜き

メリット デメリット
・低価格
・効果持続が長い
・埋没毛
・毛のう炎

毛抜き自体は100円ショップなどでも購入できますので、ほとんどお金がかからないというのがメリットです。

毛を抜く際に痛みはありますが、カミソリなどで処理するよりも、次に毛が生えてくるまでのスパンが長いのも魅力だと思います。

デメリットとしては、「埋没毛になる事が多い」事ですね。

毛抜きで処理をした部分から新しく生えてきた毛が、高い確率で毛穴に埋もれて生えてくるんですよね。

痛痒い状況がしばらく続くため毎回「やらなきゃよかった」といった経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「埋没毛」・「毛のう炎」のリスクがありますので、なるべく毛抜きで処理するのは避けたほうが良いでしょう。

痛みも強いですし、なにより時間がかかりますからね。

ブラジリアンワックス

メリット デメリット
・効果持続が長い
・剃り残しが少ない
・繰り返す必要性がある
・肌への負担大
・埋没毛
・毛のう炎

ここ最近では、ブラジリアンワックスを使う人も増えてきましたよね。

このワックスは粘着力が非常に強いため、確実に毛根まで毛を抜くことが出来ます。

隅々まで塗布する事が可能なため、剃り残しが少ないというのも利点ですね。

ただ、ご存知の方もいらっしゃると思いますが「非常に痛い」のが特徴です。

粘着力が強いため、VIOなどの毛量・毛質がしっかりしている部位にも使用する事が出来るのですが、その分シートをはがす時の痛みは強くなります。

当然、肌への負担も大きくなりますよね。

即効性がある点や、効果の持続が長い部分は魅力的なのですが、「埋没毛」や「毛のう炎」などのリスクもあります。

何より痛みが不安な方には、かなり辛い方法ですので、注意してください。

除毛クリーム

メリット デメリット
・楽に除毛できる ・肌への負担大

除毛クリームを使う流れとしては、「塗って放置⇒後に洗い流すだけ」なので、簡単・楽に処理する事が出来るのが魅力ですよね。

カミソリのように、肌に直接刃を当てないため、安全に除毛できる印象も強いと思います。

しかし、除毛クリームは体毛を溶かす成分を利用しているため、実は肌・身体への負担も大きいんです。

刺激が強いので、デリケートゾーンなどに使用する場合は、VIO専用の脱毛クリームを使う必要があります。

また、除毛クリームは肌への負担が大きいわりに、またすぐに毛が生えてきてしまう事も忘れてはいけません。

当然ですが「脱毛クリームで処理⇒生えて来る⇒脱毛クリームで処理…」これを繰り返していけば肌が傷ついてしまいます。

確かに楽に処理する事は出来ますが、肌の状態も考慮して十分注意しながら使用しなければいけません。

家庭用脱毛器

メリット リスク
 ・コスパが高い ・毛周期を意識して実施しないと効果がでない
・やけど
・眼球照射で失明

家庭脱毛器を購入すれば、自分が好きな時に、好きなだけ脱毛を行う事が出来るため、お財布には優しいですよね。

コストパフォーマンスに優れている部分が一番の魅力だと思います。

確かに家庭用脱毛器を購入すれば、サロンよりも低価格で光脱毛を行う事は可能です。

しかし、光脱毛は毛周期を意識しないと効果を得ることが出来ません。ただ単に、脱毛器を使っていてもダメというわけですね。

光脱毛を行う際には、毛が太く育っている「成長期」に光を照射する必要があります

毛には

  • 「成長期」
  • 「休止期」
  • 「退行期」

といった毛周期が存在しているのですが、休止期・退行期に照射を行っても大きな効果を得ることが出来ないのです。

また、毛周期は個人差があるため、一般の方では判断しずらいのが難しい部分ですね。

更には、使い方によってはヤケドをしたり、最悪の場合は失明する可能性もあります

自宅で光脱毛を行えるのは、とっても魅力的なのですが、それなりのリスクが付いてくることを覚えておきましょう。

自己処理危険度まとめ!ランキング形式で見直そう

それでは、上記でお話してきた内容を振り返っていきましょう。

結論から言ってしまうと、どの方法も危険性があるため、正直オススメはできません。

どの方法が特にリスクが高いのかランキング形式でまとめましたので、まずはこちらの表をご覧ください。

※リスクが高い順に上から記載しております。

メリット デメリット
家庭用脱毛器 ・コスパが高い ・毛周期を意識して実施しないと効果が出ない。

・やけどや眼球照射で失明するリスクがある

ブラジリアンワックス ・効果持続が長い
・剃り残しが少ない
・繰り返す必要性がある

・肌への負担大

・埋没毛や毛のう炎も起こりうる

除毛クリーム ・楽に除毛できる ・身体への負担大
毛抜き ・低価格
・効果持続が長い
・埋没毛や毛のう炎になる可能性がある。
カミソリ ・扱いやすい
・低価格
・カミソリ負けや乾燥・埋没毛になる可能性がある

全体と比較してみると、やはり家庭用脱毛器のリスクはとても大きく感じますね。

脱毛サロンで施術するよりも、お財布に優しいと言う点や、好きな時に処理を行えるのは確かに魅力的です。

しかし、使い方を間違えれば、脱毛効果を得られないだけでなく、身体に大きな影響を与える可能性もあるのです。

ランキング形式で表記しましたが、どの自己処理方法もリスクがある事を意識しておきましょう。

その上で、やはり気になるのが「もし、肌に悪影響が出てしまったらどうすれば良いのか」という部分だと思います。

こちらで触れた「毛のう炎」・「埋没毛」が起きてしまう理由や、対処法については以下の項目でご紹介していますので、そちらを確認してみてください。

デリケートゾーンの自己処理は黒ずみの原因にも…

デリケートゾーンの黒ずみは女性にとって非常に気になる悩みですよね。

では、どうして黒ずみが起こってしまうのかご存知でしょうか?

  • 「下着による圧迫」
  • 「ナプキンやおりものシートによる摩擦」

これらが黒ずみの原因…とよく言われていますよね。

でも実は、自己処理も黒ずみの大きな原因なのです。あなたが日頃行っている除毛方法は間違っていませんか?

まずは、黒ずみが発生する理由をお話しますね。

人間の肌は、外からの刺激が加わると、肌を守ろうと自動的にある反応が起こります。

それは、メラニン色素を多く分泌するということ。

メラニンと言えば、シミの原因というイメージが強いと思いますが、肌を刺激から守る働きもあるのです。

ただし、肌に摩擦などの刺激が加わると、メラニン色素が過剰に分泌されてしまいます。そのメラニンが色素沈着を起こし、黒ずみが発生する…というわけですね。

体の中でもVIラインなどのデリケートゾーンは、特に皮膚が薄いため刺激を受けやすいのです。

つまり、デリケートゾーンは、身体の中でも黒ずみしやすい部位なのです。

ですから、デリケートゾーンのように薄い皮膚に対して、強い刺激を与えるのは避けたいところですね。

サイズの合っていない下着などで擦れたり圧迫されたりするのが原因の1つですが、肌を傷つけやすいシェーバーやブラジリアンワックスのような除毛方法も、肌に強い刺激が加わります。

デリケートゾーンの自己処理をしている方は、黒ずみ対策を知っておくことも大切ですね。

下の項目にある「できてしまった黒ずみ解消するには?」では、黒ずみの対処法についてお話していますので、合わせてご確認ください。

埋没毛はこうすれば予防可能!なった場合の対処方法も

「埋没毛(埋もれ毛)」は自己処理で起こりやすいトラブルの1つです。

炎症を起こしたり、それが原因で黒ずみが発生する場合もあるので、それが重なっていくと大変な状態になってしまいます。

埋没毛が起こるのは、間違った自己処理が原因なのです。

一般の方であれば、基本的にはシェーバーなどを使用する事が多いと思います。

この除毛によって、肌に傷がついてしまうと、肌を守ろうと傷ついた部分が角質化して、毛穴自体が塞がってしまうのです。

成長した毛は毛穴から出ることが出来ずに、肌の中でそのまま育っていき、放置していると炎症を起こすケースもあるんです。

埋没毛の予防は自己処理を見直すこと

繰り返しになりますが、埋没毛の原因は自己処理がほとんどです。

ですから、予防するには、自己処理をやめるか、肌を傷つけない方法に替える必要があります。

カミソリや毛抜き、ブラジリアンワックスなどを使用して自己処理を行っているのであれば、電動シェーバーに変えることで、肌への負担を軽減する事が可能ですね。

ただし、肌トラブルを最優先で考えるなら自己処理を中止し、脱毛サロンや医療脱毛を利用するのがベターです。

脱毛に関するプロが、個人に合わせた脱毛を提案してくれるため、無理なく施術を受けることができますし、なにより専門のスタッフに悩みを相談する事が出来るのは大きいですね。

埋没毛になってしまったときの対処法

もし、埋没毛になってしまった時は、無理やり毛を抜くことは避けましょう

正しい対処法こちらですね。

  • ボディスクラブを使って角質を除去
  • ピーリングジェルで角質を溶かす
  • 医療脱毛(クリニック)で治療

ボディスクラブを使って角質を除去

ボディスクラブは古くなった角質を除去する効果があります。

適量取って埋没毛の部分にこすりあわせることで、育っている毛の進行を妨げている角質を落とすことが可能というわけですね。

スクラブ自体が肌に刺激を与えてしまう場合もあるので、使う時はゴシゴシ力を入れるのではなく、なるべく優しくお手入れしましょう。

ただし、乾燥肌の方はボディスクラブは使わない方が良いです。

肌の油分まで取り除いてしまうため、もともと乾燥肌だと肌トラブルが起こる可能性がありますので、それでも使いたい場合は、店員さんに相談しましょう。

粒子の大きさも商品によって差がありますので、ご自身の肌に合ったスクラブを選ぶのが良いですね。

ピーリングジェルで角質を溶かす

次は、ピーリングジェルですね。

こちらは、スクラブのように肌の角質を物理的に除去する方法ではありません。

ジェルを塗布した部分の肌は、ジェルの成分によって溶かされます。

溶かしたことによって、その部分は新しく皮膚が生まれ変わろうとする…という仕組みです。

ただし、ピーリングジェルの種類は多いため、自分の肌質に合った商品を購入するのが若干大変ではありますね。

含まれている成分が肌に合わないと、肌トラブルが発生することもあるので、慎重に選ぶ必要があります。

医療脱毛(クリニック)で治療

医療脱毛は、主にレーザーを使った脱毛を行うのですが、埋没毛に対する処置も可能なのです。

クリニックにはお医者さんが駐在していると言う事もあり、通っている最中に肌トラブルが起こったとしてもすぐに対応してくれる点は安心ですね。

もちろん、レーザー脱毛ですので、施術を受けた部分からは再び毛が生えて来ることはありません。

毛のう炎はこうすれば予防可能!治す方法も

皮膚に赤いブツブツのような症状が現れるのが毛のう炎です。

体の免疫力が弱っている時や、肌に傷がついた場合などに起こりうる症状です。

冒頭でもお話したように、普段から自己処理をしている…という方も毛のう炎になるリスクは抱えているんです。

肌には常に「ブドウ球菌」といった細菌が存在しています。

通常では皮膚の機能が感染を防いでいるのですが、ムダ毛の処理を行った際に肌が傷ついてしまうと、その部分から細菌が侵入して感染してしまうのです。

または、肌の乾燥なども原因の1つですね。

特に、毛質が太い部位や、雑菌が増えやすい部位(デリケートゾーン)などは発症しやすいのです。

自分でもできる毛のう炎を予防する方法!

脱毛を行っている場合、毛のう炎を発症しやすいのですが、普段の生活の中で予防できるポイントがいくつかあります。

  • デリケートゾーンは特に清潔に⇒清潔かつ通気性に優れた下着を着用し、雑菌の繁殖を防ぐ。
  • 肌の乾燥⇒なるべく乾燥しないように、保湿クリームや化粧水などで保湿する。
  • 免疫力⇒日頃から生活リズムや食生活に気を付ける

免疫力を高めておくのが大前提ですので、日頃から睡眠時間はしっかり確保し、バランスの良い食事を摂取することが大切です。

そして、なにより雑菌の繁殖を防ぐために、下着などはいつも清潔な物を身に着けておきたいところです。

汗をかいた日は、忘れずにしっかりとシャワーで綺麗にしましょう。

毛のう炎になってしまった時の対処方法・治す方法

気を付けていても毛のう炎が発症してしまうことがあります。

その際ですが、市販薬(フルコートF軟膏)でも対処することができます。

軽度であれば、市販薬でも治すことは出来ますが、不安な方は病院に行くことを推薦します。

重度になると、最悪の場合は跡に残ることもありますので、もし市販薬を飲んでも状態が良くならない場合は、すぐに病院へ向かいましょう

できてしまった黒ずみ解消するには?

この項目では、肌に黒ずみが発生してしまった時の対処法についてお伝えしていきますね。

黒ずみができてしまった場合のセルフケアとして、美容液などを選択する方も多いと思います。

数あるケア商品の中でも特にオススメできるのが、「イビサクリーム」ですね。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、イビサクリームは脱毛サロンがデリケートゾーン向けに開発した黒ずみ対策クリームです。

肌の刺激となる添加物は一切入っていない

このクリームの注目すべきは、添加物が入っていないという点です。

肌への刺激となるアルコールなどは一切含まれておらず、なにより日本人向けに作られているのが大きな魅力でしょう。製造工場ももちろん日本です。

薬用成分としてはこちらですね。

  • トラネキサム酸⇒黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑える成分
  • グリチルリチン酸2k⇒肌荒れを鎮静化・防止する成分

さらには、天然由来の美白成分も含まれています。

1日2回塗るだけなのでとても楽

イビサクリームは、肌に塗る回数が少なく済むという点もポイントの1つです。

朝と夜の2回に分けてクリームを塗るだけですので、面倒な塗り直しがありません。

お仕事やお出かけの最中でも、気にする必要がないのは嬉しいですよね。

1本あたり、1日2回の塗布で約1ヶ月~1ヶ月半に渡って使用する事ができます。

デリケートゾーン以外にも使える

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ対策として開発されたケア用品ですが、他の気になる部位にも使う事が可能なんです。

もともと肌が薄いデリケートゾーンに合わせて作られているので、他の部位でも使用する事ができます。

例としては、「ワキ、乳首、二の腕、ヒジ、太もも、ひざ、背中、デコルテ、お尻」などですね。

黒ずみが気になる方、どのケア用品を選べば良いか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ムダ毛の自己処理にかかる時間を考えると…

これまで、ムダ毛の自己処理について色々とお話してきましたが、やっぱり自分で処理するのは大変ですし、時間もかなり使ってしまいますよね。

なんといっても、どんなに頑張って処理しても、また生えてきてしまうあの感覚は本当に辛いです。

これまで自己処理をしてきた方は、すでに実感しているかと思いますが、今後もずっとムダ毛処理を行いながら生活をしていくのは、非常に時間がもったいないです。

「除毛している時間があったら何が出来たんだろう」なんてことも考えちゃいますよね。

更には、自己処理によって引き起こる炎症や黒ずみなどの肌トラブルも出来るだけ避けたいところです。

自己処理の面倒さや、肌トラブルから解放されたいと感じている方には、脱毛のプロに処理を任せてみるのをオススメします。

まずは脱毛サロンのキャンペーンで脱毛体験してみよう

これから初めてサロンを利用する方は、ぜひキャンペーンを利用しましょう。

脱毛サロンというと「本当に自分に合うか分からない」・「高くてなかなか踏ん切りがつかない」と感じる方も少なくないはず。

ですから、最初は気軽に脱毛を体験できるキャンペーンを使ってみるのがベストです。

脱毛サロンも数は多いですが、その中でも脱毛体験に向いているのはミュゼプラチナムですね。

脱毛を行う方の疑問や不安を取り除くカウンセリングをはじめとして、高い技術を持つスタッフ。

個人差はありますが、施術時の痛みが少ないという点も魅力的です。

ミュゼの初めて利用する方を対象にしたキャンペーンは、とにかくリーズナブルな料金なので、脱毛を体験するにはピッタリな内容です。

追加料金ナシで100円という低価格で脱毛をすることが出来るんです。

「ミュゼ」公式サイトへ

現在のキャンペーンを紹介!

現在行われているキャンペーンはこちらですね。

  • 両ワキ+Vライン美容脱毛
  • 両ワキ+Vライン+お好きな3ヵ所脱毛

【両ワキ+Vライン美容脱毛】

料金 回数
100円 無制限

※表示価格は税別です。

こちらのコースは、施術部位が「両ワキ」と「Vライン」です。

上記でも少しお話しましたが、料金は100円です。本当にリーズナブルですよね。

ですが、100円といっても、1回体験するだけで終わるわけではありません。

効果に満足するまで何度でも通う事が出来るんです。

ムダ毛の中でもワキは特にしっかり生えている部位ですので、この価格で通い放題は非常に嬉しいですね。

もちろん、通い始めてから追加料金が発生する事もありません

【両ワキ+Vライン+お好きな場所3カ所脱毛】

料金 回数
500円 ワキ・Vライン⇒無制限
お好きな3箇所⇒1回ずつ

※表示価格は税抜きです。

※お好きな3ヵ所は「顔」には対応していません。

こちらは、両ワキ・Vラインに加えて、全身の中(顔除く)から脱毛をしたい部位を3ヵ所選ぶことができます。

Lパーツ Sパーツ
両ヒジ上、両ヒジ下
両ヒザ上、両ヒザ下
胸、お腹、ヒップ
背中上、背中下
襟足、乳輪周り
腰、両ヒザ、へそ周り
両手の甲指、両足の甲指
トライアングル上、トライアングル下
Iライン、ヒップ奥

Lパーツなら各1回づつ、Sパーツの場合は各2回づつ脱毛を受けることが出来ます。

こちらのコースは通常だと合計「29,400円」するのですが、まさかの「500円」で受けることが出来るのはかなり魅力的ですよね。28,900円オフです。

これまでムダ毛の自己処理で大変な思いをしてきた方は、ぜひ1度脱毛を体験してみて下さい。

「ミュゼ」公式サイトへ