この記事では、全身脱毛を行う際に、生理中だと通常よりも痛くなるのか…といった疑問について、各脱毛サロン・医療脱毛クリニックの見解をまとめました。

脱毛をする上でネックなのが生理ですよね…

基本的に施術を行うのは予約をしてから2ヶ月~3ヶ月後ですが、その時に施術を出来る状態かどうかを判断するのはちょっと難しいです。

ただ、予定を先延ばしにすれば、なかなか予約を入れられなくなってしまいますので、とりあえず予約する…という感覚の方がほとんどでしょう。

場合によっては、予約当日に生理が来てしまう事も考えられますが、その際に全身脱毛を行うと通常時に比べて痛みは強くなるのかそもそも生理中に全身脱毛を受けることは可能なのかチェックしていきましょう。

全身脱毛は生理中だと痛いと聞くけど…

まずは、生理中の施術時の痛みについてお話していきますね。

生理中は痛みを感じやすくなる方が多いのは事実です。

普段は痛みを感じないけれど、生理中に施術を受けた時はかなり強い痛みを感じるケースもあります。

では、なぜ生理中は痛みを感じやすくなるのか…という理由ですが、これは生理によりホルモンバランスが不安定になり、肌は普段よりもずっと敏感な状態になります。

その状態で光を照射するわけですから、いつもより痛みを感じやすくなってしまうのです。

特に、痛みに弱い方の場合は、なるべくなら施術を避けるべきですね。

また、「痛みは全然耐えられるから生理中でも問題ない」と考えている方もいらっしゃると思いますが、生理中に脱毛施術を行うことによるリスクは痛みだけではないんです。

次の項目で詳しく解説していきますね。

生理中に脱毛をすると肌荒れなどを起こすリスクもある

「生理中はホルモンバランスが乱れて肌が敏感になっている状態」とお話しましたが、そのタイミングで肌に刺激を与えると、肌トラブルを引き起こす可能性もあるんです。

光脱毛やレーザー脱毛などは、熱で毛根へダメージを与える仕組みですね。

毛に対して熱を与える事が目的ではありますが、その際にどうしても肌に刺激(熱)が加えられてしまうため、生理中に脱毛を行うと肌への負担も大きな物になってしまうのです。

肌荒れが起こったり、それがきっかけで毛穴に雑菌が入り込めば毛嚢炎(もうのうえん)という炎症を引き起こすリスクも考えられます。

痛みに強い方は、頑張れば耐えられる…と思いがちになってしまいますが、基本的に生理中の脱毛は避けるのがベターです。

キレイな肌を目指しているのに、無理に脱毛を行ったことで返って肌トラブルを起こしてしまうのは勿体ないです。

そもそも生理中に全身脱毛は可能なのか

上記では、生理中の全身脱毛の痛みについてお伝えしていきましたが、この項目では「そもそも生理中に全身脱毛を受けることは可能なの?」という疑問について解説していきます。

各脱毛サロン・医療脱毛クリニックそれぞれの見解をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

脱毛サロンの見解

まずは、各脱毛サロンの見解についてご紹介していきます。

生理中はデリケートゾーンの箇所はお手入れできません。また、生理中はいつもより肌が敏感になっておりますので、痛みを感じやすくなることや赤みがでる場合もあります。ご心配な場合は、お日にちをあらためていただいていますが、デリケートゾーン以外は体調も良好で、痛み止めなどのお薬を服用されていなければお手入れ可能です。

引用元:ミュゼプラチナム公式サイト

ミュゼの見解としては…

  • 肌が敏感になっているので普段よりも痛みを感じやすくなる
  • 肌に赤みが出る場合がある

上記のリスクがあるので、基本的に利用者の方には施術日を変更することを推薦しているようですね。

やはり、痛みを強く感じてしまうだけでなく、肌トラブルが起こる可能性も考えられるため、生理中の脱毛は避けた方が良いでしょう。

ただ、利用者の方が希望する場合、体調・肌の状態が問題なければデリケートゾーン以外を脱毛する事は可能でした。

注意点としては、痛み止めなどの薬を服用していない事ですね。

万が一、薬を服用していた場合は、デリケートゾーン以外の部位でも施術を受けることは出来なくなります

VIOとヒップ以外、全てのパーツを施術可能です。

引用元:キレイモ公式サイト

続いては、キレイモの見解です。

ミュゼと同じく、VIO・ヒップなどのデリケートゾーン以外ならば施術を受けることは可能でした。

脱毛サロンの見解において、今回はミュゼとキレイモをご紹介しましたが、この2社以外の大手脱毛サロンも「生理中はVIOの脱毛を行う事は出来ない」・「デリケートゾーン以外の脱毛は可能」と記載していることがほとんどでした。

医療脱毛クリニックの見解

続いては、クリニックの見解をご紹介していきますね。

衛生上、生理中のVIO、お尻の施術はできかねます。

また生理中はホルモンバランスが不安定になり、お身体もお肌も非常にデリケートな状態です。特にお肌は敏感になっているので、乾燥や肌荒れを起こしやすくなっています。また、いつも以上に痛みを感じやすい状態です。

引用元:リゼクリニック公式サイト

医療脱毛に関しても…

  • 肌トラブルを引き起こすリスクがある
  • いつもより痛みを感じやすくなる
  • 衛生面を考慮してVIO・ヒップの施術を行う事は出来ない

上記のような見解でした。

医療脱毛で扱われている脱毛機器は、サロンよりも出力が高いため脱毛効果にも期待できるのですが、その分肌にかかる負担も大きくなります

もちろん、従来のレーザー脱毛器は肌を保護する性能はアップしているものの、生理中は肌が敏感になっているため、肌トラブルが起こる可能性は高くなってしまうのです。

そして、一番不安なのが「施術時の痛み」ですね。

クリニックで扱われている脱毛器は、サロンに比べると痛みを感じやすい傾向にあります。

普段でもそれなりに痛みを感じるのに、それ以上の痛みになる…と考えるとちょっと怖いですね。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの見解をまとめると…

では、脱毛サロンとクリニックの見解を簡単にまとめていきますね。

脱毛サロンの見解まとめ

  • 肌が敏感になっているので普段よりも痛みを感じやすくなる
  • 肌に赤みが発生することがある
  • VIO・ヒップの施術を行う事は出来ない
  • 体調・肌の状態が良好であれば「デリケートゾーン以外の部位」なら施術可能

医療脱毛クリニックの見解まとめ

  • 普段よりも痛みを感じやすくなる
  • 肌トラブルが起こる可能性がある
  • VIO・ヒップの施術を行う事は出来ない
  • 「デリケートゾーン以外の部位」であれば施術可能

ご覧のように、脱毛サロンも医療脱毛クニックも、生理中はデリケートゾーンの施術を行う事は出来ない…という見解でした。

また、「その他の部位は施術を行う事が出来る」お店がほとんどでしたね。

全身脱毛を契約している場合は、VIO以外なら脱毛をすることが可能ですので、その時の肌の状態や体調を見つつ検討するのが良いでしょう。

ただし、肌トラブルのリスクを考慮すると、多くの方が別の日に変更したいと感じるのではないでしょうか?

その際に気になるのが、当日に突然キャンセルをした場合、キャンセル料やペナルティはどうなるのか…といった部分だと思います。

次の項目で詳しくお話していますので、合わせて確認してくださいね。

突然の生理でキャンセルするとキャンセル料や回数消化が…

生理中はなるべく脱毛を避けるのがベターではありますが、やっぱりキャンセル料などが気になるところですよね。

こちらの項目では、脱毛サロン・クリニックで設定されているキャンセル料やペナルティの一例をご紹介していきますね。

脱毛サロン 医療脱毛クリニック
・施術回数1回分が消化される
・キャンセル料500~3000円
・施術回数1回分が消化される
・当日キャンセル料2100~4000円

このように、当日キャンセルを行った場合のペナルティとしては、「施術回数1回分消化」or 「キャンセル料」のどちらかを設定しているサロン・クリニックがほとんどです。

キャンセル料はもちろんのこと、特に注意しなければいけないのが施術回数1回分消化」というペナルティです。

例えば、医療脱毛で「全身脱毛5回コース200,000円」の契約をしている状態で、当日キャンセルのペナルティとして回数が1回消化された場合…

1回の施術単価「40,000円」が無駄になってしまいます。

全身脱毛は施術範囲が広いため、料金も高額になるのですが、ペナルティで回数が消化されてしまった時のショックは非常に大きくなりますので特に当日キャンセルは気を付けたいところですね。

ただ、「当日キャンセルには気を付ける」と言っても、肌が敏感になっている状態で施術を受けるのは避けたいですし、予約日に絶対に生理が来ないという保証もありません

そこで、次の項目では「キャンセル規定がゆるい脱毛サロン・クリニック」をまとめましたので、どこで契約をするか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

キャンセル規定がゆるい脱毛サロン・クリニックはここ

この項目では、当日キャンセルを含めて、キャンセル規定自体がゆるく設定されている脱毛サロン・医療脱毛クリニックをご紹介していきます。

実際のところ「当日に生理が来ちゃった…だけどキャンセルするのは勿体ない」…といった状況でなるべく悩みたくありませんし、もしもの時に気軽に予約を変更できるお店を選ぶのが良いと私は感じています。

サロン・クリニックを選ぶ上で、キャンセル料やペナルティを調べておくことも非常に大切なポイントですので、ぜひ確認しておきましょう。

脱毛サロン

脱毛サロンの中でもキャンセル規定がゆるめなのはこちらの2つですね。

  • ミュゼ
  • コロリー

では、当日キャンセルをした場合のキャンセル料やペナルティについて見ていきましょう。

キャンセル料 ペナルティ
ミュゼ 無し 無し
コロリー 無し 無し

ご覧のように、「ミュゼ」・「コロリー」の2社は当日キャンセルを行ってもキャンセル料やペナルティが発生する事はありません

急に生理がきてしまって施術を受けるのが難しい…といった場合にも、ペナルティなしで当日キャンセルを行う事が出来ますので、無理をしてサロンに向かう必要はないのです。

施術日をあらためて、自分のペースで施術を受けられるのはとっても嬉しいポイントですね。

ただし、ミュゼに関しては、途中解約をした場合にキャンセルした分の返金はされない…という規定があります。

回数プランを契約している状態で途中解約をすると「契約金-消化した回数+手数料=返金額」となるのですが、ミュゼの場合は当日キャンセルを行うとその分の返金はされませんので、その点は意識しておきましょう。

ミュゼとコロリーの全身脱毛の料金はこちらですね。

料金
(税込)
回数 VIO・顔
ミュゼ 378,000円 12回 VIOのみ対応
コロリー 184,680円

※ミュゼ・コロリー共に「一括支払い」・「分割支払い」に対応しています。

ミュゼには上記以外の回数プランも用意されていますので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

医療脱毛クリニック

クリニックの中でキャンセル規定が緩いのはこちらの2つです。

  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック

では、当日キャンセルに関するペナルティの有無をチェックしましょう。

キャンセル料金 ペナルティ
アリシアクリニック 無し 無し
リゼクリニック 無し 無し

アリシアクリニック・リゼクリニックは当日キャンセルを行った場合でも、キャンセル料金やペナルティは発生しません

上記でもお伝えしたように、医療脱毛はサロンに比べると料金が高めですので、当日キャンセルは1回消化…なんてことになると、「無理をしてでも行かなきゃ」といった思考になりがちです。

1回数万円の施術料金ですから、そうなる気持ちは痛いほど分かりますが、生理をふくめて体調不良の時に脱毛を行うのはよろしくありません。

その点アリシアクリニックとリゼクリニックの場合は、万が一の時もペナルティが発生する事はないので、安心して通う事が出来るでしょう。

全身脱毛の料金はこちらになります。

料金
(税込)
回数 VIO・顔
アリシアクリニック 288,750円 5回 どちらも含まれない
リゼクリニック 298,000円

※両クリニックとも「一括支払い」・「分割支払い」・「医療ローン」に対応しています。

アリシアクリニック・リゼクリニックには全身脱毛に「VIO」が含まれているコースも用意されていますので、詳細は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

キャンセルする上での注意点

ご紹介した脱毛サロン・クリニックは、当日キャンセルを行ってもキャンセル料およびペナルティが発生しません。

ですが、たとえ生理や体調不良が理由であったとしても、急なキャンセルを行えばサロン・クリニック側に迷惑はかかってしまいます

そのため、お店としては「時間に余裕を持って連絡をしてほしい」と利用者の方々に呼びかけているのです。

当日になって急に生理が来てしまった場合などは仕方ありませんが、予約日より前に分かっているのであれば、すぐに連絡を入れるようにしましょう。

当日キャンセルは確かに便利ですが、好き勝手にキャンセルしたり、無断キャンセルを行うのは絶対にNGです。

「キャンセル料・ペナルティ無し」は利用者の事を事を第一に考えたサロン・クリニック側のサービスの一環ですから、お店と利用者がお互いに協力し合えるのが理想ですね。

まとめ

それでは最後に、今回お伝えしてきた内容をまとめていきましょう。

  • 全身脱毛は生理中だと痛いって本当?⇒痛みの感じ方には個人差があるが、通常よりも強い痛みを感じるケースがある。生理中はホルモンバランスが不安定になり、肌が敏感にな状態になってしまうのが原因の1つ。
  • そもそも生理中に全身脱毛は受けられるの?⇒脱毛サロン・クリニック共に「VIO・ヒップ以外の部位であれば施術可能」という見解。ただし、生理中に脱毛を行うと肌トラブルが起きるリスクがあるのでなるべくなら日を改めるのがベター。
  • 当日キャンセルをした際のペナルティとは?⇒脱毛サロン・クリニックの多くが「回数1回消化」or「キャンセル料」を設定している。
  • キャンセル規定がゆるいサロン・クリニック⇒脱毛サロンであれば「ミュゼ・コロリー」クリニックなら「アリシアクリニック・リゼクリニック」が当日キャンセルを行ってもペナルティが発生しない。

今回は、全身脱毛を行う上で生理が来た時の注意点やポイントについてお話ししていきました。

全身脱毛を契約している場合、予約日に生理が来てしまってもVIOやヒップ以外であれば施術を受けることが可能ですので、安心してくださいね。

ただ、何度もお伝えしているように、生理中に脱毛を行うと肌トラブルが起こる可能性もありますので、キャンセルして予約日を変更することを推薦します。

その上で、キャンセル料・ペナルティが無い脱毛サロン・クリニックを最後にご紹介しました。

生理中や体調が優れない時に、施術料金がもったいないから…という理由で無理をする必要はありません。

特に生理不順が良くある…という方は、いきなり生理が来ることもありますので、それにしっかり対応してくれるお店を選ぶのが良いでしょう。