この記事では、契約している脱毛サロンが倒産してしまった時に返金してもらう方法をまとめています。

全身脱毛などをはじめとした、数回に分けたコースをこれから脱毛サロンで契約しようか考えている方も多いと思います。

最近では色んなサービスを提供する脱毛サロンも増えていますし、お店選びも少しワクワクしますよね。

ただし、近年では倒産するサロンも出てきており、もし倒産してしまったらどうなるの?と不安に感じる部分もあるのではないでしょうか?

今回は、過去に倒産した脱毛サロンの事例を交えながら、もし通っているサロンが倒産してしまった場合の対処法についてお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

脱毛サロンが倒産したらどうなる?

ではさっそく、「もし通っている途中で脱毛サロンが倒産したらどうなるのか」といった部分について解説していきますね。

脱毛サロンの倒産…これは主にサロンを運営するための資金が足りなくなってしまった等の理由から、経営が出来なくなる状態(経営破綻)を意味します。

ただし、倒産は「脱毛サロンの業務が停止状態」という意味だけでなく、「活動が困難な状況」といった実質まだ業務を続けている場合にも使われる事がありますので、ネットやテレビなどで「脱毛サロン○○が倒産」といったニュースを見ても落ち着いて、契約しているサロンからのお知らせを確認しましょう

脱毛サロンが何らかの理由で倒産してしまった場合、それ以降、そのサロンで脱毛施術を受けることは出来なくなる事が多いのですが、「新規のお客さんは脱毛が出来ないけれど、既に契約している方は脱毛を受けられる」といったケースもありますので、とにかく倒産・経営困難などの情報をキャッチしたら公式サイトを確認するのが先決です。状況によっては電話などでも確認が取れる場合もあります。

簡単にまとめると…

  • 倒産といっても「業務が停止した状況」と「活動困難な状況」がある
  • 業務停止の場合は、その脱毛サロンで施術を受けることは出来ない
  • 活動困難な状況の場合は、既に契約している利用者はこれまで通り施術を受けられるケースもある
  • 倒産・経営破綻といった情報を確認したら、まずは公式サイトやサロンからのアナウンスを確認する。

脱毛サロンの倒産理由に関しては、資金繰りが悪くなって経営できなくなってしまった…という場合がほとんどです。そのため、全額お金を払っていたのにいきなり施術を受けられなくなってしまったという方も少なくありません。

別の企業に買収されるケースもある

倒産して業務が停止したサロンが、別の企業に買収される⇒サロン名が変更されて再び経営…といったケースもあります。また、倒産する前の経営が危機的状況なサロンを買収して新たなオーナーが運営するパターンもあります。

詳しくは、この下の「全身脱毛等で支払った分の返金は?」で解説していますが、上記のような場合には買収された後に「引き継ぎ」・「返金」といった措置が取られる可能性も考えられます。

こういった脱毛サロンの倒産にあたって、何より気になるのが、支払ったお金は返金されるのかどうかですよね。

大手の脱毛サロンでも100%倒産しないとは言い切れません。ですから、その時のためにも「もし倒産してしまった時に取るべき行動」を覚えておきましょう。

次の項目では、脱毛サロンが倒産した場合の返金方法について解説しています。一括支払い・分割支払いなど各種支払い方法別に解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

全身脱毛等で支払った分の返金は?

ご存知の通り、全身脱毛の料金は他のコースに比べて高額です。

もちろん、分割支払いをすることも可能ですが、一括でお支払いをする方も少なくありません。この場合に不安なのが「契約時に支払ったお金は倒産した場合は戻ってくるのか?」という点だと思います。

パックプラン(回数制)を契約されている場合、解約した時には未消化分の料金を返金するサロンがほとんどですが、もしも倒産してしまった時にはどうなるのでしょうか。

一括支払い・分割支払いに分けて確認していきましょう。

契約時に一括支払いをした場合

契約時に一括支払いをした場合、残念ながら返金される可能性は非常に低いのが現状です。

上記でお話したように、通常ですと解約した場合は残りの未消化分の回数分の料金が返金されるケースがほとんどです。しかし、大半が負債を抱えてしまったことによる倒産ですから、「会員全員に返すお金を用意する事が出来ない・資金が無い」といった内部事情が考えられます。

そのため、仮に未消化分の回数が残っていたとしても、倒産してしまうとそれを返金してもらうのが難しいというわけけですね。

契約金を分割支払い・リボ払いした場合

一括支払いではなく、クレジットカードを利用した「分割支払い」や「リボ払い」を選択される方も多いですが、この場合はすぐにクレジットカード会社に連絡をしましょう。

支払いの停止に関しては、利用しているクレジットカード会社によって対応が変わりますので、連絡を入れれば絶対に引き落としの停止を行える…とは断言する事ができません。

しかし、確証がないからと言ってそのまま放置してしまうと、支払いを停止する事が出来るのにお金を払っている…つまり、脱毛サロンを利用していないのに勝手にお金が支払われてしまうなんて事にも繋がります。

ですから、クレジットカードを利用した支払いを行っている状況で、サロンの倒産・破産のお知らせがあった場合には、すぐにクレジットカード会社と連絡を取り、支払いの停止が可能かどうかを確認しましょう。

サロンが別の企業に買収された場合

上記で少し触れましたが、脱毛サロンが倒産した時・経営危機の状態の時、別の企業が買収するケースがあります。

その際には、経営会社が変わるわけですが、場合によっては後任の企業が返金に応じてくれる可能性も考えられますので、「契約金額」・「未消化分の回数」・「支払い方法」などの契約内容をしっかりと確認してから、連絡を入れるようにしましょう。

次の項目では、ここでお話した内容を踏まえて、万が一契約しているサロンが倒産してしまった時の対処法をまとめています。

契約している脱毛サロンが倒産してしまった時の返金方法まとめ

では、上記で解説した内容をあらためて振り返りつつ、契約している最中にサロンが倒産してしまった時の返金方法をチェックしておきましょう。

まずは契約内容を確認する

倒産や破産といったニュースを見たら、誰でも焦りますし、冷静な判断をすることが難しくなりますが、まずは落ち着いて契約書を確認しましょう。

  • 契約書に「前受金保全措置」の記載があるか確認する
  • 「代金の支払い方法」・「契約金の総額」を確認する

サロンやクレジットカード会社に連絡する上で、ご自身が支払った金額・支払い方法を確認しておきましょう。

ただ、まずはじめに契約書内に「前受保全措置」という記載があるかどうかをチェックしてみてください。

仮に倒産してしまった場合、ほとんどのサロンは返金が難しい状況になる…とお話しました。しかし、倒産すれば当然ながら契約者は返金を求めるはずですよね。

そういった場合を考慮して、サロンが契約金として受け取ったお金の一定額を銀行に取り置いておき、もしもの時に返金できるようにする制度です。

簡単に説明すると、利用者に返金するためのお金をあらかじめ保存しておく制度ですね。

契約書にこの「前受金保障措置」が記載されている場合は、各金融機関から返金される可能性がありますので、契約書内に記されている銀行および脱毛サロンに連絡を取りましょう。

しかし、この前受保障措置は、脱毛サロン側が絶対に設定しなければいけない法律・ルールではないため、これを取り入れているサロンは少ないのが現状です。

契約したサロン・クレジットカード会社に連絡する

契約内容を確認したら、通っているサロン・クレジットカード会社に連絡を入れましょう。

一括払い 分割・リボ払い
契約した脱毛サロンに連絡をし、返金が可能か確認する クレジットカード会社に連絡をし、支払い停止が可能か確認する

これまでお話してきたように、基本的に一括支払いの場合、返金は非常に難しいです。

ですが、何もせずに泣き寝入りするのではなく、一度サロンからのお知らせに目を通してから、実際に連絡を入れるようにしましょう。

契約書に前受金保障措置の記載があった場合はもちろんですが、慌てずに状況を確認しつつサロン側の対応を待ちましょう。

もしも返金が難しいと伝えられた場合には消費生活センターに相談する

  • 一括支払いをした⇒返金は出来ないとサロンから伝えられた
  • 分割・リボ払いをした⇒支払い停止は出来ないと伝えられた

こういった対応をされた場合は、消費生活センターに相談をしましょう。

消費生活センターでは、もしも返金出来ない・支払い停止が出来ないといった時に、今後どういった対応を取ればよいのか…といったより具体的な内容を聞くことが可能です。もちろん、相談する際の料金は無料です。

各都道府県ごとに設置されていますので、ご自身がお住いの地域の消費生活センターを利用してください。

また、相談する際に、正確な情報を伝えることが重要になりますので、契約書を忘れずに準備しておきましょう。

他のサロンで引き継いでもらえる?

続いては、別のサロンを契約する際に、倒産してしまったサロンで受けていた状況から引き継ぐことができるのか?…といった内容になります。

結論からお話すると、他のサロンに切り替える場合、「前のサロンでは○○円で△回施術を受けたから残りの分を施術する」といった引き継ぎを行う事は出来ません。

基本的には「乗り換え割り」を利用する事になります。

乗り換え割りとは、他のサロンを解約して新たに別のサロンを契約する際に「料金割引・特典」などを受けることが出来るサービスです。

以前通っていたサロンが倒産してしまってやむなく解約…といった場合にも乗り換え割りは適用されますので安心してくださいね。

ただし、乗り換え割りを利用するための条件などがありますので、その部分は注意しましょう。

多くの場合が、他のサロンに通っていた事を証明するための「会員証(会員カード)」が必要になります。倒産してしまったからといって、捨ててしまうのは勿体ないので大切に保管しておきましょう。

乗り換え割りならキレイモは最大5万円割引に

乗り換え割りを用意しているサロンはありますが、その中でも特にオススメなのがキレイモです。

他サロンからの乗り換えで、料金が最大5万円オフと非常にお得です。

何より、脱毛サロンの中でも大手であり、店舗数も多く実績も高いので安心して通える点も魅力ですね。

ただし、キレイモの乗り換え割りはパックプラン(回数制)のみ適用されます。月額プランは乗り換え割りの対象外となっていますので、注意してくださいね。

では実際に、乗り換え割りが適用される全身脱毛のパックプラン料金をチェックしていきましょう。以下の表では回数ごとに料金をまとめました。

通常料金
(税込)
割引き後料金
(税込)
12回 229,003円 204,003円
(2.5万円オフ)
15回 280098円 250,098円
(3万円オフ)
18回 313,956円 263,956円
(5万円オフ)

他のサロンに比べて、キレイモの全身脱毛は価格帯が安いのですが、乗り換え割りを利用すると、通常よりももっとお得になりますね。

この他にもキレイモには6回コース・8回コースが用意されているのですが、それらの場合は乗り換え割りが使えませんので注意しましょう。

ではここで、キレイモの乗り換え割りを適用するための条件をご紹介します。

  • 他サロンの消化回数が残っていること
  • 他サロンを解約してから1年未満であること

こちらが適用条件ですね。ここで特に意識して欲しいのが、解約してから1年以内にキレイモで契約する必要があるという部分です。

以前通っていたサロンが途中で倒産してしまって、そこから1年以上が経過してしまっていると、適用外になってしまいますので、なるべく早めに行動するのがベターです。

エタラビ・ラットタット倒産時の対応

脱毛サロンが倒産した事例はいくつかありますが、ここ最近では「エタラビ(エターナルラビリンス)」・「ラットタット」が倒産しました。

その際の、エタラビ・ラットタットの対応は、以下のような内容でした。

  • エタラビ、そしてラットタットでの脱毛を受けることが出来なくなった。
  • いずれも返金がされることはなかった
  • その代わりに他サロンで脱毛を受けられる優遇措置が設けられた

倒産して経営する事が出来なくなったため、脱毛を受けることは不可能になり、さらには既に契約金を全額支払った利用者の方に契約金の残りが返金される事もありませんでした

これまで利用してきた方からすれば非常に残念な結果となってしまいましたが、その代わりとして優遇措置が設けられたのです。

ミュゼがエタラビ・ラットタットの支援を行うことになった

詳しくはこの下の項目の「なぜエタラビは倒産したのか」でお伝えしていますが、もともとエタラビは「予約が取りずらいのにも関わらずすぐに取れる」といった記載をしたり、「返金を拒んだり応じない」という対応が原因で業務停止命令が出されていました

それが原因でエタラビ・ラットタットの倒産にも繋がったわけですが、ここで「一般社団法人日本エステティック経営者会」が、エタラビおよびラットタット利用者に対して、優遇措置を設けました

この一般社団法人日本エステティック経営者会は、エステ業界の健全化を目的として作られた社団法人です。

そして、この措置の内容が「エタラビ・ラットタット会員の方で継続して施術を希望する方は、ミュゼが受け入れる」といった物でした。

これは、エタラビが行った行為はエステ業界自体の信頼・価値を落としかねない内容だったため、一般社団法人日本エステティック経営者会の理事であるミュゼが代表で受け入れ先に選ばれたのだと思われます。

優遇措置の具体的な内容はこちらです。

全額支払いをした会員 支払い途中の会員
エタラビ・ラットタットの施術1回あたりの料金の35%で1回施術する事が可能 支払いを続けることで、そのままミュゼで施術を受けることが可能

エタラビ・ラットタットの利用者は、返金がされていないため「無料でやってくれればいいのに」と感じる方がほとんどだと思います。

確かにその通りなのですが、優遇措置がなければ支払ったお金が全てムダになっていたので、他に比べると、ありがたい対応だったのではないかと感じます。

なぜエタラビは倒産したのか

そして、エタラビが倒産した理由についてですが、上記でお話したように消費者に対して取った行動が不適切だったことが原因の1つです。

具体的な内容はこちらですね。

  • 解約および返金を希望する利用者に対して、返金自体を拒否したり不当に遅延させる行為をしていた
  • 「期間限定キャンペーン」と宣伝しつつ、毎月に渡って同じキャンペーンを行っていた
  • 予約が取れない状況が続いていたのにもかかわらず、「予約がすぐに取れる・1ヶ月に1回取れる」と記載していた
  • 「月額制」と記載していたが、実は「契約金を分割支払いにするだけの内容」だった

こういった行為が行われていたため、結果的に約9ヶ月の業務停止命令が出されました。

これがきっかけで、解約する利用者が増え、その後も業績が落ちていき最終的には倒産という形になったのです。それに合わせてラットタットも倒産になりました。

  • エタラビ⇒株式会社グロワール・ブリエ東京が運営
  • ラットタット⇒ミスプレミアム株式会社【株式会社グロワール・ブリエ東京の子会社】

エタラビを運営する株式会社グロワール・ブリエ東京の子会社がラットタットを運営していたため、エタラビが倒産した事によって実質「共倒れ」という形で倒産する運びとなったわけですね。

現在、エタラビの店舗はミュゼに譲渡されており、ラットタットとして運営されていた店舗に関してはミュゼが「colorée(コロリー)」という新ブランドとしてオープンしている状況です。

なるべくなら倒産する可能性が低い脱毛サロンを選びたい

過去の脱毛サロンが倒産した事例を見ていくと、なんとなく「一括支払いは怖い・リスクが高い」といった印象が大くなりますよね。

そのため、なるべくなら倒産する可能性が低い脱毛サロンを選びたいところです。しかし、どのサロンにおいても絶対に倒産しないという確証はありません。

ただ、「できるだけ避けた方が無難な脱毛サロンの特徴」を事前に知っておくことで、少しでもリスクを下げることは可能です。こちらの項目では、その特徴についていくつかご紹介していきますね。

さっそくですが、こちらがチェックすべき項目となります。

  • 支払い方法が「一括だけ」など選択肢があからさまに少ないサロン
  • 無料カウンセリング時に契約の勧誘がしつこいサロン
  • 運営会社の情報が不透明なサロン

カウンセリング時の勧誘なども重要なポイントですが、サロン内の清潔感や、スタッフの対応・身だしなみなどについてもチェックしておくと良いでしょう。

まとめ

それでは、今回お伝えしてきた内容を振り返っていきましょう。

  • 脱毛サロンが倒産したらどうなるの?⇒基本的に脱毛施術は受けられなくなる。返金に関しても一括支払いの場合は返ってくる可能性が低く、クレジットカードによる分割支払いの場合も、カード会社によって対応が異なるので、確実に支払いが停止になるわけではない。ただし、倒産・破綻のお知らせが出た際にはすぐにサロン・カード会社に連絡を取る事が大切。
  • 他のサロンで引き継ぎは可能?⇒引き継ぎを行うのではなく、「乗り換え割り」を利用する事になる。乗り換え割りを利用する際には、実績かつ評価が高いキレイモを利用するのがおすすめ。
  • エタラビ・ラットタットの倒産について⇒消費者に対する不適切な行為が原因で倒産するきっかけとなった。倒産時の対応としては「返金も無し」だったが、エタラビ・ラットタット会員は希望すればミュゼで引き続き施術を出来る…といった優遇措置が取られた。

今回は、脱毛サロンが倒産した際の返金方法や取るべき行動についてお伝えしていきました。

お金を全額支払っている状況で倒産…なんてことになれば、少しパニックになってしまうと思いますが、お話してきたように「契約書の内容を確認」・「サロンからのお知らせ・アナウンスを確認」・「サロンおよびクレジットカード会社に連絡」これらを落ち着いて行いましょう。

もちろん、避けた方が無難なサロンの特徴はいくつかありますので、脱毛サロンを選ぶ段階から意識しておくことがベターです。