この記事では、脱毛サロンで起こる可能性がある【肌トラブル】についてまとめています。

自己処理はかなり肌にかかる負担が大きく、肌トラブルが起こる可能性も非常に高いのですが、脱毛サロンによる施術でも、それらを完全に防げるわけではありません。

ここでは脱毛サロンにおいて…

  • 「どうして肌トラブルが起こってしまうのか」
  • 「どういった対処法をするのが良いのか」

といった部分について詳しく説明していきますね。

脱毛サロンで起こりうる肌トラブル一覧

さっそくですが、脱毛サロンで起こる可能性がある肌トラブルについて解説していきますね。

脱毛器による肌トラブルといえば、ヤケドや赤みといったイメージがありますが、実は症状の種類ってかなり多いんです。

肌の乾燥 赤み・腫れ・ヒリヒリ やけど
赤いポツポツ ニキビ 内出血
色素沈着 皮ふが硬くなる 埋没毛

どうしてこういった症状が起こってしまうのか…特に起こりやすい症状に焦点をあてて原因を見ていきましょう。

肌の乾燥

まず1つ目が肌の乾燥です。

脱毛サロンは光を当てる⇒熱によって脱毛をするため、その照射した際の熱で肌の水分が減ってしまい肌が乾燥する…といったイメージが強いですよね。

光脱毛は照射を行い、毛根を弱らせて毛を生えにくくする仕組みです。

ですが、この肌の乾燥は脱毛器の特性だけでなく、毛のメカニズムも関係しているんです。

毛はタンパク質などで形成されていますよね。

光を照射することで、タンパク質が凝固するのですが、この凝固する際に水分が多く必要になるんです。

これが原因で、施術をした後に肌が乾燥する…といったケースが多いと言うわけです。

対処法としては、施術後は保湿クリームなどでケアしてあげることが大切です。※大抵の脱毛サロンや医療脱毛は独自の保湿クリームを販売していることが多いです。ただし、それらは高いので、市販品で問題ありません。

赤み・腫れ・ヒリヒリ

施術をした後に肌が赤みを帯びたり、ヒリヒリするケースも多いです。

これは、照射した光の熱が原因で生じるものです。

特に肌が弱い方や、毛が密集しているVIOなどの部位は光がより反応しやすいため赤みが出やすい…という特徴があります。

ただし、この赤みについては脱毛を行った際に起こる正常な反応といっていいでしょう。

施術が終了してから2日~3日程度で症状は改善されるため、過剰に不安になることはありませんが、状況が改善しない場合は、脱毛サロンに連絡をしましょう。

やけど

脱毛サロンに通っている方の中には施術を受けて火傷してしまったという声も稀にあります。

確かに肌が弱い方は、肌に赤みが出てしまう場合が多いですが、頻繁に火傷が起こる…なんてことはありません。

1つ目は、扱われている脱毛器が原因です。

脱毛器の種類が古い場合、安全基準が低いというのはもちろん、故障リスクも考えられます。

そして、2つ目が施術を担当するスタッフの技術が低い場合です。

光脱毛は照射する出力が抑えられていますが、脱毛器のヘッド(光が照射される部分)を肌に近づけすぎてしまったりすれば、火傷になる事もあります。

レーザー脱毛については、看護師が施術を担当しているわけですが、中には技術および知識不足の方も居るため、部位によって照射レベルやレーザーの種類を切り替えずに施術を行い、火傷を引き起こすといったケースも考えられるのです。

より新しく安全基準の高い脱毛器を採用しており、そして技術の高いスタッフが居る”信頼が出来るサロン・クリニック”を選ぶことが大切です。

赤いポツポツ

脱毛後は肌を守るためのバリア機能が低下しているため、赤いポツポツなどができやすいと言われています。

これは、照射する出力が高かったり、肌が弱い方に見られる症状ですね。

施術後の肌は敏感になっていますので、保湿クリームなどで肌をいたわってあげることが大切です。

また、血流が良くなると炎症などが強くなる場合も考えられるため、脱毛当日は激しい運動はしないようにしましょう。

お風呂に関しても、熱いお湯は血行促進効果があるため、脱毛当日はぬるま湯でシャワーなどで済ますのがベターです。

その他に、照射出力がより低い脱毛器に替えるという対策もあります

ニキビ・毛のう炎

脱毛をしてニキビが出来てしまったという声を聞くことがありますが、これはニキビではなく毛のう炎というケースがほとんどです。

毛のう炎は見た目はニキビに似ているのですが、原因としては脱毛をして肌のバリア機能が弱くなっている際に菌が入ってしまい炎症を起こすといった物です。

特に自己処理の場合は肌にかかるダメージが非常に大きく、毛のう炎が発症する例が多いですね。

しかし、脱毛サロンだからといって100%防げるわけではないのです。

毛のう炎が起こってしまった場合は、必ず現在通っている脱毛サロンに相談するようにしましょう。

毛のう炎は肌を不潔にしていると発症する可能性が高くなってしまうので、日頃から肌を清潔にしておくことが一番の対策です。

肌トラブルが起きた時の費用は脱毛サロンが負担?

この項目では、「万が一肌トラブルが起きてしまった場合はどうすればよいのか」…この疑問について解説していきますね。

もし、施術を受けた後に肌トラブルが起きたら初めにやるべきことは、通っているサロンに連絡を入れることです。

次の施術を受ける時に申告するのではなく、肌に異常を感じたらすぐに電話で直接連絡をするようにしましょう。

ここで、「治療費は脱毛サロンが負担してくれるのか?」といった疑問が浮かぶと思いますが、治療費を負担してくれるサロンもありますし、それに応じてくれないサロンもあります

ですが、実際に脱毛に通い始めてから肌トラブルが起きてしまったら取り返しがつきませんよね。

では、“もしもの時に対応してくれるサロン”を見つけるためにはどうすればよいのでしょうか?

ドクターサポートが付いているサロンは治療費を負担してくれる

脱毛サロンの中には「ドクターサポート」と呼ばれるものに加入している場合もあります。

銀座カラーなどが有名ですね。

ドクターサポートが付いている脱毛サロンでは、施術によって利用者の肌にトラブルが生じた際…

  • 迅速に医療機関を紹介してもらえる
  • 治療費をしっかりと支払ってくれる

このようなサポートを受けることが出来ます。

悪質なサロンの場合、治療費はもちろんのこと、「施術が原因で肌トラブルが起こったわけではない」…と認めてくれないこともあります。

症状にもよりますが、肌トラブルが起きている最中は施術を受けることが出来ない…なんてケースも。

せっかくお金を払っているのに脱毛する事が出来ないばかりか、不快な思いをするのは絶対に嫌ですよね。

利用者の方が現在どういった症状が出ているのか把握してくれている

ドクターサポートに加入している脱毛サロンは医療機関と提携しています。そのため、大半のサロンは直接病院に事情を説明してくれます。

ですから、「どんな施術を受けてどういった症状が現れているのか」を大まかに把握していますので、迅速な処置を受けることが出来るというわけです。

逆にドクターサポートに加入していなかった場合、利用者が「どこの病院を選ばば良いのか」といった部分から探さなくてはいけないため、非常に手間もお金もかかります。特に肌が弱い方は、万が一の事を考えてドクターサポートが付いている脱毛サロンを検討するのが良いでしょう。

パッチテストや体験脱毛を行ってから決めるのもアリ

施術を受けた時に自分の肌はどんな反応を示すのか…利用者の方がより安心して通えるようにパッチテスト」や「体験脱毛を取り入れているサロンもあるんです。

確かに無料カウンセリングでは、悩みや疑問をスタッフに相談することが出来ますが、実際に施術を受けてみないと分からない部分も多いですよね。

脱毛サロンは医療脱毛に比べれば、出力が弱いため痛みも肌への負担も軽減されています。

ただし、肌が弱い方にとっては大きな不安要素であることに違いありません。ですから、ドクターサポートが付いている脱毛サロンもそうですし、初めての方は体験脱毛を受けてみるのも良いでしょう。

以下の「サロン選びはしっかりと!特に重要視するべきポイント」でも詳しく解説していますので、ぜひご覧になってみてください。

脱毛サロンでの肌トラブル事前回避方法

お伝えしているように、脱毛サロンの施術でも肌トラブルが生じることはあります。

ですが、自身で気を付ければ肌トラブルを未然に防ぐ事も出来るんです。

それでは、さっそく施術を受ける前に自分で出来る対策を紹介していきますね。

自己処理はしっかり行おう!でも施術を受ける日はどうすればいいの?

自己処理は、肌に大きな負担がかかります。カミソリはもちろん、脱毛クリームや脱毛ワックスなども肌へダメージを与えてしまいます。

肌が傷つけられれば、埋没毛や黒ずみの原因にもなりますし、ブラジリアンワックスや毛抜きを使った処理は毛周期も狂わせてしまいます。ですから、肌になるべく負担のかからない電気シェーバーを使った自己処理を行うのが良いですね。

そして、脱毛を受ける当日は自己処理を行った状態にしておきましょう。

施術時には大よそ1mm程度に揃えておけば問題ないのですが、あまりにも長すぎたり短すぎたりすると、脱毛効果が低くなる可能性もありますし、肌への影響も考えられます。

そのため、自己処理はシェーバーを使って前日に行っておくのがベターですね。

脱毛サロンによっては、別途シェービング代金がかかったり、施術を受けられない…なんてケースもありますので、ぜひ忘れないようにしておきましょう。

もしもの時のために、バッグにシェーバーを用意しておくのもオススメです。

施術した日は特に注意!日焼け対策は入念に

日焼けをして肌が赤くなっていたり、痛みがある状態では施術を受けられないサロンは多いですよね。

理由はいくつかあるのですが、まず覚えておきたいのが、日焼けをした状態で施術を行うと肌トラブルが起きやすくなるということ。

日焼けをした肌は、いわば軽度なやけどが起きている状態です。

肌はとても敏感になっていますので、この上で光を照射してしまうと、通常よりも高い確率で肌トラブルが起こるといって良いでしょう。

日光を浴びるということは、紫外線が肌から侵入してきます。

紫外線の侵入を防ぐために、私達の体の中にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を多く分泌します。その結果、メラニン色素が沈着して肌に黒ずみが出来てしまうのです。

このような肌のまま施術を行えば、色素沈着が起こっても不思議はありませんよね。

さらには、日焼けによって肌の水分が蒸発して乾燥肌も引き起こしますし、脱毛効果が下がる事も考えられます。

ですから、脱毛を受ける前はもちろん、脱毛に通い始めてからも日焼け対策はしっかり行いましょう。

  • 日焼け止めを使ってガードする
  • あらかじめ上着などを用意しておく

このように、施術を受ける日にも入念に準備をしておくと良いですね。

生理中はなるべく施術を受けるのを控えよう

生理中の場合、ほとんどのサロンが「“VIO以外”の脱毛なら可能」と回答しています。

ですが、生理中は他の部位についても脱毛を控えた方が良いです。

生理中はホルモンバランスが非常に乱れやすく、肌のバリア機能も低下します。

このタイミングで光を照射すれば、いくら出力が抑えられてる光脱毛でも肌トラブルを起こしやすくなるのです。

また、生理中は普段よりも痛みを強く感じたり、脱毛効果が下がってしまう場合もあるため、VIO以外に関しても施術を受けるのは避けた方が良い…というわけですね。

もし、脱毛の予約がもうすぐ…という時に生理が来た場合は、なるべく早めにサロンに連絡を入れるようにしましょう。

当日にキャンセルした場合は「ペナルティー」となるサロンもありますので、すぐに連絡を入れて予約日を変更してもらうのが良いですね。

「ちょっと体調が悪いかも」と感じたら別の日に…

予約当日になって体がだるかったり、お腹が痛くなってしまった…という場合には、無理をせずに別の日に予定を変更してもらった方が絶対に良いです。

部位にもよっても変わりますが、施術はある程度時間を要しますので、その最中にずっとガマンしなければならない状況はとても辛いです。

その後、余計に体調が悪くなることも考えられますので、素直にサロンに連絡を入れるようにしましょう。

サロン選びはしっかりと!特に重要視するべきポイント

脱毛サロンに通う上で、まず心配なのがお金の面だと思います。

自己処理に比べればかなり大きな費用がかかるイメージが強いですよね。

さらには、せっかくお金を払ったのに肌トラブルが起きたりしたら大変ですし、「いきなり契約するのはちょっと怖い」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そのため、初めて脱毛サロンをこれから受けてみたいと考えている方に向けて、少ない負担で脱毛を体験できるサロンや、なるべく安心して通えるサロンを紹介します。

ご紹介するのはこちらの3サロンです。

それぞれの特徴も合わせてご覧ください。

ミュゼ ラココ 銀座カラー
格安で脱毛が出来る。 肌トラブルが起きにくい脱毛器を採用。 ドクターサポートが付いている。

それでは実際に、3サロンのより詳しい情報や料金について見ていきましょう。

ミュゼならとってもリーズナブルに脱毛が出来る!

ミュゼは両ワキ+Vラインが100円で受けられる

ミュゼは非常に格安料金で脱毛が出来るのが大きな魅力です。

これから脱毛を始めたい…という方にオススメできるサロンですね。

こちらでは初めての方限定のコースと料金についてお話していくので、少しでもミュゼに興味がある方はご自身に合ったプランがあるかどうかチェックしてみてください。

両ワキ+Vライン美容脱毛コース

施術箇所 回数 料金
(税別)
両ワキ
Vライン
6回 100円

こちらのコースは「両ワキ」と「Vライン」をそれぞれ6回ずつ脱毛できる内容です。

料金はたったの100円と驚くほど格安ですよね。当然、追加料金も発生しません

料金面だけでなく施術の内容もしっかりしているため「とにかく一度だけでも脱毛サロンで光脱毛を体験してみたい」という方にオススメできるプランです。

もちろん、一度だけでなく合計6回の施術を受けられますので、ぜひ規定回数分までしっかり通ってみてくださいね。

そして上記でもお伝えした通り、脱毛サロンに通う上で特にネックに感じる部分が費用だと思います。

  • 「初めからあまり大きなお金を払うのは心配」
  • 「なかなか効果が出なかったらどうしよう…」

こういった不安を抱えている方は多いですが、このプランは追加料金がかかりませんので非常に安心できるポイントです。

さらには、急な予定が入ったり、体調不良によって当日キャンセルをしなければならない場合にも、ペナルティ(キャンセル料金)は発生しません

ミュゼは非常にリーズナブルな料金かつ充実した内容となっています。まだミュゼに通った事が無い方はぜひチェックしてみるのがオススメです。

◆実体験の評判をまとめてチェック⇒ミュゼの口コミ特集

ラココは肌に優しい脱毛器を採用

ラココは肌トラブルが起きにくい脱毛器ルミクスを採用

次はラココをご紹介していきます。

ラココもミュゼと同じく人気の脱毛サロンですが、注目したいのが肌トラブルが起きにくい美容脱毛器「ルミクス」を採用している点です。

ラココで扱われている脱毛器ルミクスの特徴

他サロンで使用されている脱毛器とは違い、毛を生成するバルジを刺激するため、「照射時の痛みの緩和」・「産毛に対してもアプローチ可能」…といったメリットがあるのです。

さらに、このルミクスは10秒間に1,000本の毛を同時に処理できるほどの連射スピードを誇っています。

従来の脱毛器であれば約120分以上かかっていた施術がルミクスの場合は約20~40分程に短縮されているのも魅力の1つでしょう。

なお、肌への負担が考慮されている反面、脱毛効果を実感するまでに時間がかかるのがデメリットではありますが、脱毛時の痛みに不安を感じている方や敏感肌の方はラココを選択肢に入れても良いですね。

もちろん、ラココも無料カウンセリングならびにお試し体験に対応していますが、もしも「興味はあるけど、いきなり予約するのは不安」と感じている方は、ラココ利用者から頂いた口コミからチェックしてみてください。

◆実体験口コミ⇒ラココの実体験はこちら

銀座カラーはドクターサポートが付いているので安心

銀座カラーの全身脱毛は回数無制限+ドクターサポート付き

銀座カラーの魅力の1つはドクターサポートが付いていることです。

上記でもお話したように、ドクターサポートは万が一の時に、提携している医療機関を紹介してくれます。

もしもの時、病院を自分で1から探す手間がかからないのはもちろん、医療費も負担してくれますので、肌トラブルが不安な方は”ドクターサポートが付いている”という部分を重視したいところですね。

それでは、銀座カラーで脱毛をする場合の料金についてご紹介していきます。

銀座カラーで人気のプランが「リーズナブル脱毛コース」です。

月額
(税別)
総額
(税別)
回数 VIO
6,500円 197,650円 無制限 VIOのみ

照射範囲はこちらですね。

銀座カラーの照射範囲は顔を除く全身22箇所

△顔パーツを除く全身22箇所

このコースは全身22箇所を脱毛できるコースで、なんと回数無制限。つまり満足するまで施術を受けられるんです。

確かに、総額を見ると少し高く感じるかもしれませんが、脱毛し放題をはじめドクターサポートなど万が一のケアを考えれば、妥当な料金だと感じます。

全身脱毛を行いたい方はもちろん、特に肌トラブルが心配な方に推薦できる脱毛サロンです。

◆実体験の評判をまとめてチェック⇒銀座カラーの口コミ特集

安全なのは医師がいる医療脱毛

肌トラブルが起こった際の事を考慮すると、やはり脱毛サロンよりも、医療脱毛の方がサポートは手厚く感じます。

確かに、ドクターサポートが付いている脱毛サロンは安心できますが、医療脱毛の場合はクリニックに医師が駐在しているため安心感が違います。

まずは、脱毛サロンのドクターサポートと、医療脱毛の処置の違いについてご覧ください。

脱毛サロン 医療脱毛
提携している医療機関を紹介してもらえる。
根本的な処置をするのは病院。
クリニックに駐在している医師が直接処置をする。

中には病院まで送り届けてくれる脱毛サロンもありますが、基本的には紹介してもらった病院に自分の足で向かう事になります。

それに対して、医療脱毛はクリニックにお医者さんがいますので、処置もより迅速に行ってもらえるというわけですね。

では、実際に医療脱毛を行う際にどのクリニックを選べば良いのか見ていきましょう。

さっそくですが、医療脱毛の中でも技術面・もしもの時のサポートの手厚さ・料金を特に重視すると、こちらの医療脱毛がオススメ出来ます。

こちらのクリニックの特徴や料金について詳しくご紹介していきますね。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは全身脱毛の料金がリーズナブル

レジーナクリニックは、医療脱毛の中でも特に料金を抑えて脱毛することが出来るクリニックです。

ただし、店舗があるのは「東京(池袋・表参道・上野・新宿・銀座5丁目・渋谷・町田)、神奈川(横浜)・大阪(梅田・梅田東・心斎橋)・愛知(名古屋)・北海道(札幌)・福岡(博多天神)」のみとなっています。

こちらがレジーナクリニックの「全身脱毛」の料金ですね。

【全身脱毛の料金】

月額
(税別)
総額
(税別)
回数 VIO
6,800円 189,000円 5回 ×

こちらの全身脱毛コースはVIOと顔脱毛が含まれておりませんので、VIO脱毛も一緒に脱毛を行いたい場合は、別コースを選択しましょう。

  • 全身脱毛(VIOセット)⇒273,000円
  • 全身脱毛(VIO・顔脱毛セット)⇒393,000円

上記でも触れましたが、なんといっても全身脱毛の料金がとても安いのがレジーナクリニックの大きな魅力です。全身脱毛(顔・VIOを除く)を分割払いした場合は、月額6,300円から医療脱毛を受けられるんです。

そして、先ほどご紹介した銀座カラーと比較しても1万円以上の差額が出ます。脱毛サロンほぼ変わらない料金で医学的根拠のある施術を受けられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、VIOと顔脱毛の料金はこちらですね。

【VIO脱毛の料金】

料金
(税別)
回数
VIOセット 84,000円 5回

【顔脱毛の料金】

料金
(税別)
回数
顔脱毛セット 120,000 5回

※施術範囲は「ひたい・ほほ・鼻下・あご」の4箇所。

このように、レジーナクリニックでは部分脱毛も可能ですが、お得感が高いのはやはり全身脱毛ですね。

料金面も技術面も含めて、初めて脱毛を受ける方にオススメできるクリニックです。

◆実体験の評判をまとめてチェック⇒レジーナクリニックの口コミ特集